2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

« 星落ちて石となる夜の寒さ哉 (正岡子規) | トップページ | バイオマスは地球環境を救えるか »

2010年1月13日 (水曜日)

井上靖著 風林火山

井上靖著 風林火山



だいたい、大河ドラマに取り上げられてしまうと、ちょこっと寂しいような気がするのは私だけですかね。

去年の「功名が辻」も例外ではなく、大学時代に進級試験が迫っておいそれと読書などしている暇のない時に、読書願望が沸沸とこみ上げ教科書を脇に置いて読書をしたというのが司馬遼太郎だった。

勇気を頂けて、あれはあれでよかった。十分に試験からも逃避できたし。(結果は聞いてはならない)


そういうわけで、この「風林火山」も大河ドラマの原作となってしまった。最後の部分は川中島の霧が晴れてくるところだったと記憶しますが、30年ほど前に読んだので記憶は当てにならない。

井上靖といえば、「あすなろ物語」「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」など自伝的作品が数多く、どれも文学として秀作ですね。

時代物として、「敦煌」が有名で、私はこの作品が最も好きです。

風林火山も時代物で、彼の書く歴史小説は、飾り気のない不器用なペンが味を出している、、、、と思いながら次へ次へと急いだものです。

※ 学生さんにもオススメですね。特に「敦煌」を。
                                 【GREE】


| 2007-01-13 09:10 | 読書系セレクション |

« 星落ちて石となる夜の寒さ哉 (正岡子規) | トップページ | バイオマスは地球環境を救えるか »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49823591

この記事へのトラックバック一覧です: 井上靖著 風林火山:

« 星落ちて石となる夜の寒さ哉 (正岡子規) | トップページ | バイオマスは地球環境を救えるか »

写真日記(平成29年版)

  • 22日 一日一魚はシャケでした
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 帽子が編みあがったという知らせ
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う