M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ネコはどうしてわがままか | トップページ | 海苔巻きの端っこ好きで小春日で  藪ノ内君代 »

2009年12月12日 (土曜日)

歌をうたう

アンデルセンの「マッチ売りの少女」は、木枯らしが雪を舞い散らせるまちかどの露地で厳しい寒さをしのぐためにマッチを擦りながら暖を取る悲しい物語です。私たちが子どものころにこの作品を読むのは、紛れもなく寒さがいっそう厳しい年の瀬で、メルマガを読んでいただいているみなさまのなかには、このマッチが貴重な物資であったという人もあるかもしれません。

先日、今年卒業する娘に「マッチを知っているか」と尋ねたら「知っているが怖くてよう擦らん」と言っていました。お墓参りのときでさえ、マッチを擦ることがなくなりつつあります。確かに便利な世の中ではありますが、不便を知らずして便利への感謝は生まれず、感謝の気持ちが生まれることなくモノを大事にする心は育まれないことを考えると、安易な買換えやエネルギーのムダ使いをわかってもらうためには、マッチを理解することから始めねばならないのかも…と思いました。

今年も暮れの街角には、鮮やかなライトアップや色とりどりのイルミネーションが溢れています。その傍らで、キャンドルナイトのささやかな運動も繰り広げられ、歓びと戸惑いが交錯しているなかでクリスマスソングが聞こえてくるのでしょう。

津駅前では、ときどき、路上ライブをやっている元気な若者たちを見かけます。筆者の学生時代も路上ライブっぽいものがありました。フォークゲリラと呼びまして、反戦歌でしたけど(苦笑)。

---

以上は、今月号のメルマガの巻頭に書いた一部を持ってきましたが、私も京都にいたころはコンボをやっていて年末になるとクリスマスソングを演奏したのを思い出します。

あわてんぼうのサンタクロース・・・とか、ママがサンタにキスをした…とか。

今は(12月中旬)はまだ暖かいのですけど、毎年決まって下旬になると寒波がやってきてクリスマスころには雪が積もったりします。

今日の青空を見ていると、想像できないんですけど。

木枯らしの一日吹いておりにけり  岩田涼菟

窓越しに背中ポカポカ猫気分

楽器出して、クリスマスソングでも吹いてみようかな。

*

先月号のメルマガの巻頭・欄外で、三重の自然を映し出す映像配信「宮川の自然」のライブカメラを紹介しました。すでに、多くの方にご覧いただき、その反響が届いてきています。宮川を泳いでゆく魚の群れがカメラに映っているのを発見すると、こんな綺麗な渓流に恵まれたこの地に生まれたことを誇りにしなくてはならない、と強く感じます。

二見の夫婦岩のカメラも年末から新年にかけて見逃せません。特に、満月のころはこの岩の向こうから月が昇るようすを見ることができます。夏に日の出を見られるのは有名ですが、夕焼けの光線が大気圏で反射を繰り返して東の空を赤く染める「反対夕焼け現象」に包まれてまん丸い月が昇るのを今の時期には眺めることができ、感動モノです。

 初富士の鳥居ともなる夫婦岩 山口誓子

海に浮かぶ富士。新年にも見えるといいですね。

次号の発行は新年になります。
少し早いですが、みなさま良いお年をお迎えくださいませ。今年もご購読、どうもありがとうございました。

« ネコはどうしてわがままか | トップページ | 海苔巻きの端っこ好きで小春日で  藪ノ内君代 »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47035926

この記事へのトラックバック一覧です: 歌をうたう:

« ネコはどうしてわがままか | トップページ | 海苔巻きの端っこ好きで小春日で  藪ノ内君代 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31