2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« アイフォン その後 | トップページ | 年頭ご挨拶 »

2009年12月31日 (木曜日)

静かさや泣いて笑って大晦日

夜が明ける前に眼が覚めた。何となく静かな気がするのだ。大晦日というだけでそう感じてしまう。

新聞屋さんの配達のバイクの音が少し早かったか。年を送る準備が万端なのを表しているのだろう。

泣いて笑って、と思い浮かべた。
人は泣かねばならないし、笑わねばならない。
そして、そういうことは決してひとりでは行わない、命令も受けない。


毎年、同じようなことをこの時期に思い、反省している。去年の日記を繰り一昨年の日記、さらにと繰り続けると自分というモノが少なからず見えてくる。

そしてそこには、必ず喜怒哀楽がある。


「起死回生」と書いた年があった。

ある年は、「失意泰然」
またある年は、「倜儻不羈」
と書いている。

去年のきょうは、「おおきに」とした。


初心忘るべからず。
世阿弥の言葉だ。

「忘却を恐れない…」
これは私の大学時代の日記ノートの表紙タイトルだ。

忘れるという字を見つめていると、新しいモノが次々と見えてくる。
ほら。

----

みなさん、今年もおおきに、ありがとう。
ご挨拶にいけていませんが、足跡に代えて共に一年を感謝したいと思います。

« アイフォン その後 | トップページ | 年頭ご挨拶 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47160324

この記事へのトラックバック一覧です: 静かさや泣いて笑って大晦日:

« アイフォン その後 | トップページ | 年頭ご挨拶 »