フォトギャラリー(令和2)

  •  なすびの煮浸し(十日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 月のはじめに考える ―霜月 | トップページ | 内田百閒 ノラや »

2009年11月 2日 (月曜日)

週末には手紙を書いて

名称 : 週末には手紙を書いて

 

mixi でこんなコミュを始めることにした。

 

■コンセプト
スローな時間を愉しみたい。

 

30年以上も昔、手紙が50円切手で出せたころは、封筒をポストに入れたあと返事か戻ってくるまで、早くても1週間ほど掛かったものです。

 

手紙をもらった人も、じっくりと書面を読んであれこれと考えをめぐらせて、考えを纏めてからペンを持った。

 

「お返事遅くなりました」、と書くのは1ヶ月以上も遅くなったときくらい。普段は、「お手紙ありがとう」、から始まった。

 

そんな手紙の時代に、気持ちだけでも戻ってみたい。
そう思いました。

 

■トピック
二十四節気とします。
管理人が作ります。

 

■ルール
誰でもいいですから手紙を書くの。
ただし、1回書いたら1週間ほどは次を書かない。(同一人物)

 

■メッセージ(投稿)
・架空でも実在でもかまわない誰かにあてて手紙を書く。
・内容は問わない。コミュメンバー(レスを含む)でも違っても良い。
・ルールを守って投稿する

« 月のはじめに考える ―霜月 | トップページ | 内田百閒 ノラや »

瞬く・初版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末には手紙を書いて:

« 月のはじめに考える ―霜月 | トップページ | 内田百閒 ノラや »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト