« GREE その後 | トップページ | 耳を傾ける »

2009年10月31日 (土曜日)

円楽さん、逝く

まず最初に、合掌。お悔やみ申し上げます。

往年に活躍し、私に多大な影響を与えた人たちが、次々と逝く。

偉大で刺激的な人物というのは先輩方や自分の親世代あたりに多いこともあって、訃報で驚かされることが多くなるのは40歳をまわるころからで、その間に自分の父も逝き、また恩師の先生方もお亡くなりになった。

円楽。

私にとっての円楽さんは、落語の本髄を知らしめてくれた人だった。

「中村仲蔵」を、堪えようもなく滲む涙を拭きながら、カッコ良く演じる円楽さんは、これが落語なんだ、これが噺家の話なんだ、ということを身体で表現した。

落語を「きく」、という文化、即ち語りに耳を傾けるというおこないが大きく廃れてゆく昨今、そうさせている要因への怒りもあるものの、廃れさせてしまってそれでいいの?という心配も大きい。

(歴史的に見ても、文化とはそんなものなのだろうか。そう思いたくないのだが…)

---
※(ニュースから) 落語家の三遊亭円楽さんが10月29日午前8時15分、肺がんのため東京都中野区の自宅で死去。

« GREE その後 | トップページ | 耳を傾ける »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

crush さん
ようこそ。
mixiやったかGREEやったかでお世話になった方でしたよね?
バイク系のコミュの。
どうぞよろしく

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/46634977

この記事へのトラックバック一覧です: 円楽さん、逝く:

« GREE その後 | トップページ | 耳を傾ける »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ