2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 続 生物多様性 ― 4 | トップページ | GREEの変化 ―デザインが変わるそう »

2009年10月18日 (日曜日)

ノラや と 草の花

少しずつ読み進んでいる。

通勤列車の中では「ノラや」
寝床では、「草の花」

ふたつの全然違った味わいの作品のなかで
内田百閒からは、猫を飼いたいなあ、と思わされ
そしてまた、
福永武彦からは、深夜の静寂に耳を澄ますような痺れを感じ取る。

今の人は、福永武彦など読まないだろうなあ。
こういう作品はまったく望まれていないだろう。
こんなふうに他人や自分を見つめたりすることもないだろう。

そう、加藤和彦さんが逝ってしまった。
青春時代にたくさんたくさん刺激をくれた人。
ありがとう。
いつか私もそんな風にストンと逝きたい。
ご冥福を祈ります。

« 続 生物多様性 ― 4 | トップページ | GREEの変化 ―デザインが変わるそう »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/46513632

この記事へのトラックバック一覧です: ノラや と 草の花:

« 続 生物多様性 ― 4 | トップページ | GREEの変化 ―デザインが変わるそう »