フォトギャラリー(令和2)

  • お好み焼き・モダン(31日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« ちょっと「お知らせ」 | トップページ | GREEの変化 その4 ―その対応 »

2009年10月28日 (水曜日)

GREEの変化 その3 ―日記について

前置きになって恐縮だが、
今のトレンドとして
「みんなは私のほうを向いている」
という意識が非常に強いことが挙げられる。

 

つまり、
1) 私の日記を見に来て下さい、に始まり、
2) 私の日記にコメントを、
3) コミュのコメントへのレスはメールで、
4) (閉鎖的会員性の)私のコミュで
となってゆく。

 

お鍋を囲んだ飲み会に行くと、自分の手の届かないところにある醤油や調味料や料理を、席を立って取りに走り回る姿があることからも推測できるように、自分の使うものは他人に取ってもらってはいけないのだ。近くの人にとって貰えばいいのだが。

 

(これは自分ことは自分ですると言う教えを、言葉が暴走して解釈されたものと考えられる。例えば、自分でしなくてはならないのは、服を着る、布団をたたむ、歯を磨く、出かける準備をすることなどであって、ご飯を作る、ご飯をよそう、味噌汁をよそう、醤油を取るということは、家族が全員でお互いにすることである。きちんとした考え方を教えずに、家族や親の姿を見て育たなかった子供たちが世の中の半分以上になってきたのかもしれない)

 

(ついでに書くと、畳の縁は踏まない、敷居を跨ぐときは踏まない、朝のうちに家の軒先を箒で掃く、夕方にも掃く、玄関は第二の玄関るうちはそちらから出入りする、玄関をあけて家に入るときはただいまという、(仏壇のあるうちは)仏さんに手を合わせる、(神棚さんのあるうちは)神棚さんに礼をする、などなど。親が教えなくても見て身につけることを疎かにしている社会だから、何を言っても始まらないが)

 

そういうわけで、すべてが自分を見て動いている(と考えている)わけであるから、日記についても、自分で書く場合は非常に書きすい構造になっている。ボタン操作も少なくメニューも判りよい。

 

他人の日記を読もうとすると、外国の民族のなかには「ひとつ」と「そのほか」の区別が顕著に出ている人たちもあるように、一番新しい日記は読めるがその次に新しいものや次々と新しいモノをスクロールするのを苦手とする構造になっている。

 

これは、コメントというモノを重視し、タイトルというモノを軽視したこと。さらに言えばタイトルをきちんと纏められない人が多すぎるのでタイトル文化が意味を成さなくなっていること、友達とお気に入りとを区別できなくしたことにより、一絡げで日記を並べてしまったことによるものだ。

 

友だちがたくさんいて、更新頻度のゆっくりな友だちが多く、友だちではなくお気に入りにしている人の更新頻度が多い場合は、この新しいメニュー機能は全然使いモノにならないし、日記を今までどおり読もうとするにはかなりの工夫が必要であることも予想できる。

 

(・・・・といいながらいい方法を見つけたいが、基本方針が見えるだけに無理そうかな)

 

事実、何とかしようと思って新しいメニューで皆さんの日記を読もうとしたが、やめました。今までは汲まなく読んでいましたが、もう読みません。

 

スミマセンが、最初に書いたとおり、自分から発進するためだけの機能や社会に住む以上、従わざるを得ません。

 

つまり日記は書くけど、人のものは読みません。

 

RSS設定している人があったら、PCのRSSリーダーに登録します。
私のRSS

 

コミュのことを書こうと思ってましたが続篇にします。

 

« ちょっと「お知らせ」 | トップページ | GREEの変化 その4 ―その対応 »

瞬く・初版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GREEの変化 その3 ―日記について:

« ちょっと「お知らせ」 | トップページ | GREEの変化 その4 ―その対応 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト