フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 須賀利漁港まで | トップページ | 平湯・キャンプツーリング »

2009年9月26日 (土曜日)

ムーミン島の夜明け

今、海上保安庁のライブカメラを見ていたの。
真っ暗な港に灯台が点滅する。
漁船のあかりが左から右へと動いてゆく。

 

あさの5時過ぎなのですが、この灯台が昼間はどんな姿のかを私は知らないまま、
点滅する明かりを見ながら夜明けを待ちます。

 

 

あの人との会話が甦る。
先日、逢ったとき

 

――朝、あける前に、漁港から船が出て行くのを写真に撮りたいな

 

と私は言った。
海辺に生まれて大人になるまで住んでいたあの人は

 

――私はいややったわ、あの、船の音

 

と言う。

 

 

窓を開ければ、すぐ下に浜辺があり、
朝日が海から昇るのを見ることができる暮らし。
今でも居間の窓から湾が見渡せる。

 

そんな暮らしに憬れるけど、
様々なんやなあ、人の暮らしって、
とも思う。

 

そうこうしてる間に夜があけていきます。

 

 

ムーミン島。

 

少しずつ赤みが増して

 

日が昇ります。

« 須賀利漁港まで | トップページ | 平湯・キャンプツーリング »

瞬く・初版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムーミン島の夜明け:

» ムーミン島 [- Walk Don't Run -]
台風15号のあと@尾鷲湾 2011年9月21日 (水) 大きな爪痕を紀伊半島南部に残し台風15号は去ってゆきました。 夕方、ライブカメラを覗くと尾鷲湾にすまし顔のムーミン島が映りました。 2009年の9月26日の朝にライブカメラから撮影した尾鷲湾の朝焼けです。 2009年9月26日夜明け 1 2009年9月26日夜明け 2 2009年9月26日夜明け 3 2009年9月26日夜明け 4 2009年9月26日夜明け 5... [続きを読む]

« 須賀利漁港まで | トップページ | 平湯・キャンプツーリング »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト