2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 盾ヶ崎まで(18日) | トップページ | 手をつなぐ »

2009年7月22日 (水曜日)

石川達三 私ひとりの私

石川達三 私ひとりの私



夜中にザザザと降った雨もあがって
静かに迎えた朝に

ふとしたことで、この本のことを思い出した。

そしたら、スルスルとセピアな色の青春時代が、甦ったのだ。


私ひとりの私 (講談社文庫)
石川 達三
講談社

セピアという色は、曖昧な表現だ。しかし、私ひとりの私という本を手にすると、青春時代がセピア色に甦る、と言ってみたくなる。

私と石川達三との出会いはこの本から始まったのだ。そのあと、生きている兵隊を読んで、青春の蹉跌へと進んだ。

未熟な学生時代に、作家の赤裸々な自伝と出会い、美文か駄文かさえ判別できない自分がその人と四つに組む。

文学との出会いのチャンスは、作家の数だけあって、人それぞれだろうが、ある時期に石川達三という人物に夢中になれたことや、事実埋没していたことの誇り高き自信のようなものは、この本との出会いから始まったのだった。

「ひとり」であった「私」は、理由もなくタイトルに魅了されただけなのに。

考えてみれば、出会いとはすべてそんな偶然の集まりであるのかもしれない。


誰が薦めてくれたんだったっけなあ、この本。一般教養の文学の斉藤先生だろうな。(ひとりごと)


| 2009-07-22 09:40 | 読書系セレクション |

« 盾ヶ崎まで(18日) | トップページ | 手をつなぐ »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49823615

この記事へのトラックバック一覧です: 石川達三 私ひとりの私 :

« 盾ヶ崎まで(18日) | トップページ | 手をつなぐ »