2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 伝承すること、モノ | トップページ | 井戸水で冷麺を洗って考える »

2009年7月 8日 (水曜日)

司馬遼太郎 坂の上の雲 (第1巻から第8巻)


司馬遼太郎 坂の上の雲 (第1巻から第8巻)

坂の上の雲(文春文庫)
司馬 遼太郎
を読んだときにかいたと思っていたレビューが無いので
よっぽど、面白くなくて書きたくなかったんだろうな、
とか思ってみたりしてます。(笑)

---

坂の上の雲 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
\670


司馬さんの小説は、エッセイのような小説であり、教養の講座の講義のようでもある。
これほどまでに人物を興味深く書ける人は少ないなあ。
第1巻を読了。

続きは、全部読んだら書きます。

---
(ここから加筆)

そんなことを書きながら、読了しても感想を書かなかった。
というか、忘れていたのだ。

2008年の春ころに読み始めて、
7月に第4巻、
8月に第5巻、
11月中ごろに7巻、
12月日本海海戦
と、
ブログの日記には残っている。

星は★★★ほどかなーとどこかで書いていたので、司馬作品としてはそれほど高く評価しなかったのでしょう。

第1巻を読み始めたころには、★★★★としていた。

世の中の読書人が高く評価する傾向があるようですし、ドラマ化で一層拍車も掛かってゆくのでしょう。

ドラマのほうが面白いかも。
二百三高地の作戦あたりは、司馬さんのこだわりと意地のあらわれでしょうか。

そういう意味では、司馬さんの人間味に触れられるのかもしれません。

司馬作品は、時代を遡るほど、文学味が出て、面白い。

…ということで、感想は1巻で書くのみ。


| 2009-07-08 10:02 | 読書系セレクション |

« 伝承すること、モノ | トップページ | 井戸水で冷麺を洗って考える »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49823292

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎 坂の上の雲 (第1巻から第8巻):

« 伝承すること、モノ | トップページ | 井戸水で冷麺を洗って考える »