2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 雨降りはひとりがいいの、窓辺にて | トップページ | いつも空を見ていた »

2009年5月 5日 (火曜日)

伝言

考えてみたら、「伝言」という言葉は、古くさいですね。

GREEには「伝言板」というものがあるらしいけど、PCのみの私にはまったく見えないから、何のことかワカランのですけど。

伝言ってのは、直接言う訳ではないから、もしも何かをそこに伝えるためにしたためたとしても、それが届いたと言う保証はどこにも無い。もちろん、メールだってそうですけど。

「鶴さん」の終楽章で、同窓会の幹事の方が快くメールの転送を引き受けてくださるのですけど、鶴さんからは何の連絡もなかった。

あの時も、私の気持ちは毎日ドキドキして、伝言が届いたかどうかを心配する日が続いた。

でも、そんなに上手く事が運ぶなんて、考えてはいけなかったんだな、と今になって思う。

伝言は、途中で消えて届かないことだってあるんだという、そんな儚いものだからこそ価値があるのかね。

« 雨降りはひとりがいいの、窓辺にて | トップページ | いつも空を見ていた »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/44909128

この記事へのトラックバック一覧です: 伝言:

« 雨降りはひとりがいいの、窓辺にて | トップページ | いつも空を見ていた »