2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 引き潮よ、伝えておくれあの人に | トップページ | 迷う  (拾遺篇) »

2009年5月16日 (土曜日)

雨降りを恨む素振りで傘の下

銀マド【自画像篇】のほうのブログに 雨降りを恨む素振りで傘の下 というのを載せている。2006年6月15日のことだ。 そこで
「銀マド」・・・・ってなんだろう、と思っていらっしゃる人があるかと思います。 ブログや日記で私が書くゴミの雑記(塵埃秘帖)を「銀マド」と呼んできました。正式には「銀のマドラー」ですね。 ウイスキーをかき混ぜる攪拌棒を「マドラー」と言いますが、銀メッキのマドラーだったら「銀のマドラー」です。 なんとも心地よい響きだと思いませんか? 私はウイスキー党ですから、このマドラーで水割りを作るときが幸せです。 カランカランという音が好きです。
そんなことを書いている。 永い間、私は、琥珀色のなかでうねるように彷徨い続ける自分の心を、氷の向こうに見出そうとしてきたのだろう。 口癖のように、海はきらいだ、と呟きながらも、海の何かを愛し続けてきた。 潮が満ち、潮が引く。 太陽が昇り、また沈む. 海と山に囲まれた小さな入り江に辿り着いたとき、今までの自分が嘘つきで、いっぱいの人たちに本心を隠してきたんだなと気づく。 北山修が、海はきらいだ悲しくなる、とうたうけれど、確かに悲しくなるかもしれないけど、いいじゃないか、それで。 そう思う。

« 引き潮よ、伝えておくれあの人に | トップページ | 迷う  (拾遺篇) »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/45027579

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りを恨む素振りで傘の下:

« 引き潮よ、伝えておくれあの人に | トップページ | 迷う  (拾遺篇) »