フォトギャラリー(令和2)

  • エビ・キノコのスパ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 葱坊主五月の風に揺られたり | トップページ | 2001年:平湯キャンプ場にて »

2009年5月30日 (土曜日)

雨宿り、垂れるしずくは緑色

雨に色があるわけないじゃない。

そんな、 センチな話 はよしてよ。

 

でもね、雨って、なんちゅうか、昔を呼び起こすじゃない。

ザーザーって降る雨の音って、ラジオのチャンネルの合間の雑音みたいだけど

イライラも来なくて、過去ばっかしが戻るよ。

 

あなた、どうかしてるよ。

あのザーザーはイライラだよ。

アレが許せるなんて、耳が変だよ。

やっぱし、センチになり過ぎだって。

 

そうかなー

雨の雫の向こうに

あじさいのうす紫と

緑の葉っぱが

雨だれに揺れているんだ。

言葉もなく、意識が薄れて行くんだ。

ぼんやりと、オンナの姿が見えてくるんだ。

 

 

« 葱坊主五月の風に揺られたり | トップページ | 2001年:平湯キャンプ場にて »

十七音 のおと」カテゴリの記事

瞬く・初版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨宿り、垂れるしずくは緑色:

« 葱坊主五月の風に揺られたり | トップページ | 2001年:平湯キャンプ場にて »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト