2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 野迫川村から龍神スカイラインへ | トップページ | 雨降りはひとりがいいの、窓辺にて »

2009年5月 5日 (火曜日)

長靴履いて、水溜りに足をすっと入れてみる

子どもの日、雨降り

 小学校のころ、置き傘は番傘で、一番家が近いわたしの傘が誰よりもビリビリやった…。そんなことを思い出しておりました。

番傘は見かけなくなりましたね。京都に住んでいたときに、嵐山まで歩いてゆく途中、鹿王院に一軒の傘屋さんがあって、そこで見かけたことがありました。あの傘屋さん、今でもやってるかなあ。

大粒の雨が無表情に降り続きます。まるで梅雨が一足先にやってきたかのように、したたかに降る雨は、真冬の冷たい雨とも真夏の非情な雨とも違って、憎くたらしくもなく只々ザーザーと空から落ちてくる。

あの傘なら、雨粒が紙に跳ね返ってバチバチと激しい音を立てることでしょう。

雨雨ふれふれ母さんが蛇の目でお迎え嬉しいな♪

わたしたちが子どもの頃に聞いた確かな音、雨粒が傘に弾かれる音が甦ってきます。

長靴履いて、水溜りに足をすっと入れてみる。

あのころに持っていた小さな冒険心。
雨降りに想い描いたロマン。
数々の雨にまつわる記憶が、窓の向こうに降り続いている雨の音と共に、わたしの目の前に戻ってくる。

雨が降る子どもの日は、大人の日なのかもしれないな。


(写真はネットから拝借)

« 野迫川村から龍神スカイラインへ | トップページ | 雨降りはひとりがいいの、窓辺にて »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/44902928

この記事へのトラックバック一覧です: 長靴履いて、水溜りに足をすっと入れてみる:

« 野迫川村から龍神スカイラインへ | トップページ | 雨降りはひとりがいいの、窓辺にて »