フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 元気になりました(肘の痛み) | トップページ | 散りゆくものを手のひらにのせてみる »

2009年4月11日 (土曜日)

日記には、桜が散りそめ、とだけ書く

日記には、桜が散りそめ、とだけ書く  [2009-04-11]

弱虫を睨んでそっと手を添える  [2009-04-08]

花を生けて、じっと静かに眺める  [2009-04-08]

バキューンとクールなぼくがキミを撃つ  [2009-04-06]

花冷えを詰ってそっと腕を抱く  [2009-04-04]


花冷えを詰って(なじって)みたい恋心

頭の中から、「詰る(なじる)」という言葉が抜け切れません。
人が人を詰る、姿も想像しますが、モノや現象を詰ることって、存在してもいいのだろうか。

単なる負け惜しみじゃないの。

負け惜しみ。
なるほどね。

負け惜しみと言われてもスキなんだ   …みたいな。

« 元気になりました(肘の痛み) | トップページ | 散りゆくものを手のひらにのせてみる »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記には、桜が散りそめ、とだけ書く:

« 元気になりました(肘の痛み) | トップページ | 散りゆくものを手のひらにのせてみる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト