2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 元気になりました(肘の痛み) | トップページ | 散りゆくものを手のひらにのせてみる »

2009年4月11日 (土曜日)

日記には、桜が散りそめ、とだけ書く

日記には、桜が散りそめ、とだけ書く  [2009-04-11]

弱虫を睨んでそっと手を添える  [2009-04-08]

花を生けて、じっと静かに眺める  [2009-04-08]

バキューンとクールなぼくがキミを撃つ  [2009-04-06]

花冷えを詰ってそっと腕を抱く  [2009-04-04]


花冷えを詰って(なじって)みたい恋心

頭の中から、「詰る(なじる)」という言葉が抜け切れません。
人が人を詰る、姿も想像しますが、モノや現象を詰ることって、存在してもいいのだろうか。

単なる負け惜しみじゃないの。

負け惜しみ。
なるほどね。

負け惜しみと言われてもスキなんだ   …みたいな。

« 元気になりました(肘の痛み) | トップページ | 散りゆくものを手のひらにのせてみる »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/44634664

この記事へのトラックバック一覧です: 日記には、桜が散りそめ、とだけ書く:

« 元気になりました(肘の痛み) | トップページ | 散りゆくものを手のひらにのせてみる »