« 春に咲く白きがゆえの悲恋かな | トップページ | 訳あって、いや訳もなく一人飲む »

2009年4月19日 (日曜日)

鬼を棲まわせる

  鬼が棲む。

  人は心のどこかに鬼を棲まわせてなければならない。それは、鬼に見張られているという意味ではなく、自分が鬼を慕っているということだ。

  自分が成長して、自らの努力で実力が身についてきたとしても、常に自分を振り返る時間を持ち、第三者的または大局的に自省することが必要不可欠だ。

しかしながら、やはりいわゆる天狗になってしまうことは多い。

確かに天狗になることも必要だ。自信を持つこと、そして自分を褒め称えることは非常に重要なことで、偉業を成すときに、自負が無くては突き進まない。

  だからこそ、いつも心に鬼が棲んでいなければならない。鬼は何を思っているのだろう…立ち止まって考え、自らを見つめなおし、鬼を伺うのである。

  私の身近な所に、ちょいとジイサンになりかけの人がいる。定年を過ぎて2,3年。社会的地位の非常に高い職だった方なのですが、今はそれなりに肩書きを貰って先生と呼ばれたりしているのです。

ところが、ジイサンに限ったことではないのだが、心に鬼が棲んでいないなあ、と感じる。あらゆる行動を見ていても老人らしい「厚かましさ」や「無神経さ」が随所に出てきている。

  もう、この方々を叱る人はこの世には居ないのだなとつくづく思う。他人から指図を受けることなく、悠々自適で歩んでいる。

(怖いものなし、等という表現が相応しいか)
だが、輝かしい実績や経歴を否定しているのではない。

  「人の振り見て我が振り直せ」

  まさに、自分にも言い聞かせねばならない言葉なのです。 ジイサンみたいに「厚かましいなあ」と思われたくないし。

« 春に咲く白きがゆえの悲恋かな | トップページ | 訳あって、いや訳もなく一人飲む »

【雷山無言】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/44721428

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼を棲まわせる:

« 春に咲く白きがゆえの悲恋かな | トップページ | 訳あって、いや訳もなく一人飲む »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ