2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2年という歳月 〔2001年6月上旬号〕 | トップページ | ため息 〔2001年6月中旬号〕 »

2009年3月 8日 (日曜日)

書く文化、読む文化〔2001年6月その2〕

書く文化、読む文化〔2001年6月その2〕
01/06/07 22:03
▼危うくパティオを解散してしまうところでした。心の中で、奥深くで、やめたくないと願っていたのでしょうか。だからやめないでという人が数人も出てきたら、即座に継続を決意できた。やめるかも…という宣言は、とんだ茶番でした。みんなに迷惑になったと反省仕切りです。▼インターネットの掲示板は、皆さんがそろって使い勝手が悪いとおっしゃいます。私は以前から、インターネットとパティオの関係は、テレビとラジオのようなものだと感じていると書いてきました。▼音楽がかかっていないNHKの「語りの番組」を近ごろ、聞いてみたりします。私は野球中継が好きではないし、かといって喋りの多いFM番組も困ったものですので、ついつい、普通の番組を聞きます。それがNHKのもの。▼時に、ラジオドラマを聞いたりすると、「聞く文化」「聞き入る文化」の良さを感じます。パティオでも、書く文化、読む文化、があるんでしょうね。置き忘れてくるところでした。▼ま、騙されたと思ってNHKの番組を聞いてごらんあれ。ずるずると引き込まれることがあります。ちょっと憩うこともあれば、ちょっと博学になれることもある。俳句のひとつでもひねりたくなって、何か作品が出来たら、どうぞこのパティオへ。

« 2年という歳月 〔2001年6月上旬号〕 | トップページ | ため息 〔2001年6月中旬号〕 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事