« 有終の美 〔2001年9月初旬その2号〕 | トップページ | ツーレポに酔う 〔2001年中秋号〕 »

2009年3月11日 (水曜日)

彼岸花 〔2001年9月中旬号〕

彼岸花 〔2001年9月中旬号〕
01/09/18 22:57

▼真っ赤な花が咲きそろった。不思議にも市内でも郊外の山村でもほとんど一斉に咲きそろったようだ。ちょうど土曜日の朝につぼみだったのが、日曜にはふくらいでいた。▼土曜日や日曜日には、あちらこちらで運動会の歓声が響いていた。私の子供の頃の運動会はもっともっと華やかだったように思うが、どうだろうか、最近はビデオやカメラを持つので拍手が少ないようだし、競争を無理にさせないということで、ゴールへの順位がなくなったりして、幾分寂しい気もする。▼秋は、祭りの季節だ。運動会も祭りなんだからといって観戦中にビールを飲む人も増えた。そのことで議論も起こっているようですね。つまりは、目くじらを立てる人も増えたようです。こういうことに目くじらを立てたりする風潮って、人々が中流意識の中で幸せに暮らせるようになってきたから生まれてきた視点ではないかと思う。▼人間ていうのは、もっともっと自然で大らかに暮らしていたはずだと思う。水平に人を眺めて、何処かの誰かより自分は何それで損をした--学力が劣った、試験で負けた、給料が少ない、家が狭い、車がダサイ--などといっているからこっけいです。▼赤い彼岸花は、秋の始まりには欠かせない花でして、ああこれが咲いたから山里に行こう!と思う。そしたら、そこにはコスモスも咲いてるしススキも靡いているわけ。▼毎度書きますが、夏は、タバコにしてもきゅうりにしても、なす、かぼちゃにしても、スイカにしても、黄色い花が咲き誇る。私は決して黄色が好きじゃないけど、ああ、夏なんだなと感じる。▼実家に帰ったら、栗が台所に山積されていました。休耕田に植えた栗が実を結んだらしい。近頃は、栗のご飯も食べなくなったし、蒸かしても食べないね。素朴で美味しい味なのに…。その田んぼでは毎年、キュウイがスーパーの籠なら数杯分ほど、たった1本の木なのに成るんです。▼美味しいものがいっぱいある。そんなことを考えていたら山に行きたくなったが、少し足が弱ってきた母を誘っても嫌だと言うだろうな。▼子供の頃、山を駆けずり回って採ってきたきのこやまったけは、凄く美味しかったけど、案外、今、行って採って来てもそうでもないのだろうか…。もしそうだとしたら、贅沢な食材は明らかに私たちの味覚を麻痺させてしまった悪材になる。▼オフで南信州に行きます。昔ながらの秋を今でも伝統的に味わっている人を、あの山村で探してみようかな…。久々におばあちゃんに声を掛けて昔話を聞いてこようかな。そんなことを考えています。

« 有終の美 〔2001年9月初旬その2号〕 | トップページ | ツーレポに酔う 〔2001年中秋号〕 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有終の美 〔2001年9月初旬その2号〕 | トップページ | ツーレポに酔う 〔2001年中秋号〕 »

M's Zoom

  • ゆうちゃん
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ