M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ガーベラ飾り終えたキミの後姿 | トップページ | ランディ田口さんのこと〔2001年5月中旬号〕 »

2009年3月 8日 (日曜日)

睨む 〔2001年5月初旬号〕

睨む 〔2001年5月初旬号〕
01/05/01 18:47
▼睨む。空を見上げて、ひたすら考え込む。▼空を睨み決まらぬ自分に腹を立て〔ねこ〕▼もっと柔軟にならねばならぬのだろうなと思う。情報が溢れているので、天候が定まらないとすぐにインターネットで検索をしたりして、キャンプ場やら温泉やらを見ている。こんなことをしなかった時代には、空を見上げて家を飛び出した。雨が降っても決して自分も他人も恨んだりしなかった。▼人間も動物である以上、動物のような天性の勘が身体のどこかに備わっているはずだし、的中率に衰えが出てきていたとしても、そういう勘を疎かにしてはいけないような気がする。また、そういう勘で事を乗り切る歓びもあると思う。▼どこぞのプロ野球の監督にも、そんな勘があるようなことを言う人もある。人にはやはり恐るべき能力が理屈以外のところにあると信じたい。▼脱線修復。仕事から現実逃避をして旅に出ようとする者が、理論や情報だけでこの先を進むという堅実な道を選択するのではなく、苦楽の味に浸るのもいい。▼近所の水田はおおむね田植えを終えた様子。カンカン照りにならずに作業が出来て良かったという人もあろう。雨が降った後の日は、風も少しきつく、肌寒い一日となった。(5月1日)▼一面のれんげ畑、綺麗な新芽の模様が美しい茶畑、こいのぼり…。外を少し散策しても風が薫るのがわかる。▼出かけるあても決めることが出来ない奴が、荷物の山を睨みながら、三脚をどうするか、悩んでいる。口喧嘩睨んで許した時もある〔ねこ〕

« ガーベラ飾り終えたキミの後姿 | トップページ | ランディ田口さんのこと〔2001年5月中旬号〕 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31