M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 峠越え 冠峠 <岐阜県~福井県> | トップページ | 激走2420キロ <東北> »

2009年2月 8日 (日曜日)

信州1泊ツーリング(1999年5月末)

29日

東名阪国道~猿投道路~足助~稲武~羽根~売木~天竜~上村~地蔵峠~駒ヶ根~伊那~杖突峠~蓼科高原

30日

車山高原~霧が峰~辰野~伊那~駒ヶ根~下条~売木~羽根~稲武~足助~猿投道路~東名阪


5月29日(土曜日)

彩が学校に出かけた後で荷物をバイクに積んだ。今回はF1マートで買ったバックにテントも鍋も詰め込んで、タンクバックと一緒に簡単に載ってくれた。バックの購入は正解だった。

8時半頃に出発。名古屋までは23号線を走り、西名阪から猿投グリーンバイパス走り、稲武の道の駅で朝飯を喰い、羽根村から売木村への県道を選んだ。この県道がなかなかの快適道路で、これから愛用してしまうそうな感じ。

売木から天竜村に入ってガソリンを入れた。家を満タンで出てきたのにもう200キロ以上も走っている。300キロ程度走るとして、ここで給油しなければ山の中で野垂れ死にしそうだ。

さて今日のメインである蛇洞林道だ。ここを通って地蔵峠を越えるつもりできた。この村道1号線がすっかり様子を変えて、全面舗装されていた。どうりで前からオンロードのマスツーのみんながやってくるわけだ。舗装済みの情報はもう既に一般的なのかも知れない。

分杭峠は依然通行止めであるので一端、駒ヶ根に出る。折草峠の方に向かう道路に駒ヶ根××キロと書かれていたので曲がった。結構な山岳道路だった。これなら急ぐ人は天竜川まで出た方が早いだろう。看板通りきたらえらい目に遭うぞ。

諏訪湖遊遍館YHに電話を入れて予約した。電話を切る間際に、もしも行けなかったらまた電話をします…と言ったら話がややこしくなった。近くの駒ヶ根とか下条のYHに泊まったらいかがですかと(Pさんだろうが)言う。私はそちらに泊まりたいから電話をしたのに、昔の古いYHを知ってると言う表現に気を悪くしたのかな。近くまできてから電話を…というので、それならもういいですと言って断った。

駒ヶ根のカツ丼でも食べてから行くかな…と思い、高原の方に行ってみて、YHを見たが昔のままでボロイのでパスし、一気に蓼科に走る決心を新たにした。安藤に会うのは車山高原で、日曜の朝のつもりにしてるので、やはり蓼科まで行っておきたかったし、杖突街道をまっしぐらに急いだ。

杖突峠から「蓼科クライネ」に電話をして予約を取り、夕食は茅野市内でラーメンを食べた。YHには夕暮れ前に到着できた。

荷物を置いてすぐに近くの「石遊の湯」に行った。「いしやすのゆ」と読むらしい。、ビニールの扉に囲われた小さな洗い場があるだけの露天風呂だけの温泉だ。しかし、屋根があるので星空が満天に仰げるというわけではない。YHでチケットを買うと割り引いてもらって460円だった。この日は宿泊者も少なく、カップル2組を入れて全部で6名ほど。談話室でビールを飲んで消灯の10時過ぎに部屋に入り、しばらくして寝た。


5月30日(日曜日)

雲ひとつない朝を迎えた。車山高原に向かって大門街道を走ってしまうのももったいないのでビーナスラインを通りのんびりと白樺湖方面に向かった。車山に着いても8時半になっておらず、リフトも動いていない。安藤がやってくるのを待ちながら駐車場でぼんやりしていると、BMWのK100がやってきて挨拶をしてくださる。それがコロンボーさんで、初対面の挨拶を済ませてしばらく話し込んだ。1時間ほど話してから霧が峰方向に降りた。無料区間は車も多いな。

諏訪湖をぐるりと回って、辰野を経て伊那へ向かう。権兵衛峠を越えるつもりにしていたがガソリンスタンドを探して伊那インターのしたのあたりを走り回り、スタンドでカツ丼の事を尋ねたら美味しい店を紹介してくれて、駒ヶ根を目指す事にした。店は元祖というか、最初にソースカツ丼を宣伝し始めたという店で、普通の喫茶店ふうの構えだった。カツ重の形でソースカツ丼は運ばれてきた。ご飯の上に薄くキャベツがのってその上にカツがびっしりとある。特性のデミグラスソースなのだろう。やや甘い味がカツ全体に沁みこませてある。なかなかの美味である。何度も食べるチャンスを狙ったがやっと実現して非常に満足であった。

食事を済ませた後、そのまま飯田市の方に向かい、R153を通って売木村を経て、昨日取ったルートを逆に帰った。香嵐渓のあたりで渋滞に巻き込まれた。初め、何が原因で渋滞してるんだろうか…と思ったが、サンデードライブの車だとしばらくしたら解った。


5月29日(土曜)

¥400東名阪

¥200猿投道路

¥250道の駅のお昼のおにぎり

¥750夕食ラーメン(茅野市内)

¥3150YH宿泊費用

¥460石遊の湯

¥800ビール2本

給油

天竜村220km/9L(?)


5月30日(日曜)

¥400ビーナスライン(車山まで)

¥210ビーナスライン(霧が峰まで)

¥950駒ヶ根、ソースカツ丼

¥550お土産

¥400東名阪

給油

駒ヶ根270km/10L(?)

関260km/11L(?)

« 峠越え 冠峠 <岐阜県~福井県> | トップページ | 激走2420キロ <東北> »

Anthology 旅の軌跡」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/43994397

この記事へのトラックバック一覧です: 信州1泊ツーリング(1999年5月末):

« 峠越え 冠峠 <岐阜県~福井県> | トップページ | 激走2420キロ <東北> »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31