フォトギャラリー(令和2)

  • 餃子
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« さようなら、雪が来てると空をみる | トップページ | 冷たい雨が好きと言ってみる »

2009年1月21日 (水曜日)

さようなら、雪が来てると空をみる 〔塵埃秘帖篇〕

毎年、1月の日記には同じようなことを書きますが。

 

22日は父の命日で、あれから何年という数字が必ず毎年ひとつずつ増えて、私の余命がまたひとつ減ってゆく。父の死んだ年齢に近づく度に、父の気持ちが少しだけわかる。

 

さようなら。
そんな洒落た別れはできなかった。

 

苦しみながら床に伏せる日々だったというけれど、私は冷たい人間なんだろう、ちっとも見舞いには行かなかった。

 

18歳で東京に行ってしまったし、京都に戻って来てからもゆっくりお酒を飲んだ覚えも無いし、話をしたこともなかった。

 

自由自在に人生を生きてきた人で、数多くの仲人をしたり、自分で愉しむだけの絵を描いてみたり、木を彫ってみたり…の日々だった。
今の私が似たようなことをやりたくて困ってしまう。

 

何も、人生論について話したことなど無かったのに、これほどまでに似るのものか。
確かめたくても、聞いてみたくても、もう居ないし。

 

 

日本中が震え上がった真冬の1日だった。

 

誰もがそうだろうけど、私も例外なく、「さようなら」を言う準備はしていなかった。

 

傍にいて抱いて眠っていた母が
「朝になると体がすーっと冷たくなっていったんや」
と話してくれた。

 

静かに静かに冷たくなってゆく様子は全く想像できないけど、私もそのときはそうありたい。

« さようなら、雪が来てると空をみる | トップページ | 冷たい雨が好きと言ってみる »

【随想帖 一、】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、雪が来てると空をみる 〔塵埃秘帖篇〕:

« さようなら、雪が来てると空をみる | トップページ | 冷たい雨が好きと言ってみる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト