フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 秋深き隣は何をする人ぞ | トップページ | 嘯いて揺れるピアスを狙い撃ち »

2008年11月 8日 (土曜日)

休日にそっとコロンをつけてみる

学生時代から結婚するまで、そして結婚してしばらくはコロンというものをときどき使った。

匂いというものに割と敏感で(一方で鈍感で)、おしゃれ半分と自己満足半分で愛用したものだ。

新婚のころに妻が買ってきてくれたコロンがほとんど新品のままで洗面所の化粧台の棚に置き去りにされていたので、腐ってしまうようなものなのか興味本位で出してみた。

匂いは、ある種の流行り物で、その時代の香りがプーンと漂う。

日常の仕事の際には、整髪料なども含め一切を使わないが (髪の毛無いし)、ちょっとお遊びでつけてみた。


休日にそっとコロンをつけてみる ねこ

火遊びに似たドキドキがある。
イケナイ。
イケナイ。

誰かに恋していると思われてはイケナイ。

« 秋深き隣は何をする人ぞ | トップページ | 嘯いて揺れるピアスを狙い撃ち »

十七音 のおと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休日にそっとコロンをつけてみる:

« 秋深き隣は何をする人ぞ | トップページ | 嘯いて揺れるピアスを狙い撃ち »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト