2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 宮本輝;にぎやかな天地 もうすぐ | トップページ | とばーがー(伊勢海老バーガー) »

2008年5月28日 (水曜日)

ホトトギス

去年の6月には、メルマガの巻頭言で私は次のように書いた。
─*─

 県議会議事堂(津市)の植栽の緑がいよいよ夏の趣を呈して、博物館への坂道を辿ると街路の銀杏も夏に備えて着々と装いを新たにしています。日差しは既に夏のもので、時には木陰が恋しいとさえ思うこの頃です。

 センターでは、夕刻になると不如帰(ホトトギス)の声が聞こえてきます。閉館のころ、裏山のほうから夕暮れのしじまを突き抜けるようにその声が届きます。

キョッキョッ キョキョキョ。
キョッキョッ キョキョキョ。

 鈴鹿山麓の不如帰の初音は毎年、5月下旬です。山積の仕事にまみれているセンターの面々は、この風情に耳を傾けるゆとりなど無かったかもしれませんが…、今年も間違いなく5月20日ころから啼きはじめました。

 不如帰。カナでホトトギスと書くことが多いですね。「泣いて血を吐く」といわれたり、「泣かぬなら殺」されてしまうような悲劇な鳥ですが、連日、きれいな声をビルの谷間に響かせてくれています。

こだまして山ほととぎすほしいまま  杉田久女

─*─

このように書けるのは、やはり自分が自然のなかに暮らし、当たり前のように鳥や花たちと暮らせたからだろうなと思う。

山の中腹に向かう緩やかな上り坂へと車が交差点を曲がるころ、木の香りが漂い始めるのが肌身に沁みてわかり、駐車場に車を止めてドアを閉めれば、そこには機械が作り出した音が存在しない空間があった。鳥が鳴き花の香りが何処からともなく届いてきた。

しかし、年度が変わると同時に私は時空間をスリップするように新しい場所に異動して来た。


多かれ少なかれ人が寄り集まり、群れをなして駅という当たり前の建築物を行き交い、コンクリートの階段をコツコツと歩き、エレベーターに乗って職場に辿り着く。そんな生活を始めて2ヶ月が終わった。

幸運にも五月病にも悩まされることなく(笑)、美味しくお昼ご飯を食べ、加速度を増しながら仕事も順調に走り始めた。

心配していた通勤電車の苦難も予想以上に軽くて安心しています。

短いスカートの高校生が、BOX座席の通路側の手すりに腰掛けるのはいいのですが、下着で直に座っているのかと思うと、その後手すりに肘をついてゆっくりと読書ができないという予想外の神経的病いが発症した以外は、まずまず楽しく通勤時間も過ごせている。あの子どもたちの汚い太股を何とかして欲しいという怒りとも悲鳴ともいえる嘆きは、夕食の愚痴になっているが。


そんなこんなで、5月が終わり、6月を迎えようとしている。

昔、古里の家の片隅に小さな蜜柑の木があって、今ごろになると白い小さな花をぽつぽつとささやかに咲かせていた。傍を通り掛かると甘い匂いがする。年末には実をつけた。店に出回る蜜柑のような甘味はこれっぽちもなく、おもいきり酸っぱい実だったが、花の香りだけは何とも例えようの無い甘さがあった。

5月の花といえば「卯の花のにほふ垣根にほととぎす早も来鳴きて…」と歌われるように卯の花を想い浮かべる方々も多いことでしょう。こちらも甘い香りを放ってくれますが、私は蜜柑の花のほうが思い出深い。

一方、ホトトギスですが、お天気を心配する人にはあまり有り難い話はなく、「ホトトギスが啼くと明日は雨」という諺もあるらしい。

前線が迫っている。
今夕あたり、奴らは騒々しいほどに啼いているのだろう。想いおこすと、研究所の建物にこだましていた余韻が蘇えってくる。

杉田久女の一句。この句は凄いな。

« 宮本輝;にぎやかな天地 もうすぐ | トップページ | とばーがー(伊勢海老バーガー) »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/41352754

この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギス:

« 宮本輝;にぎやかな天地 もうすぐ | トップページ | とばーがー(伊勢海老バーガー) »