« 京都日記 | トップページ | 父の匂い »

2008年2月 6日 (水曜日)

ぼたん雪きらりと光る指きった

パラパラと昔の日記を捲ってみると、随分と懐かしい。
近年は苦節の日々を送っていることもあるが、そういうときの方が自分流の感動が残っていて面白い。

---

平成19年
 立春が過ぎて安堵の朝寝かな 
 立春に母を訪ねておかき食う
 ぼたん雪きらりと光る指きった


平成18年
 くちびるが今でも好きよとくちずさむ

平成17年
 立春が過ぎても寒し猫だるま


----

豆食えどオヤジの年に追いつけぬ  (平成20年 ねこ作)


ハングリーという言葉がある。昔、よく上司が口にしていたのを思い出す。しかし、この言葉には一種の空しさのようなモノもあった。


貧しくなれ、苦しめ、痛がれ、悲しめ、泣け。

人は、このような言葉を浴びせられ、ときには命を受けて、艱難辛苦に立向かう。闘志を煮えたぎらせる必要もあるだろう。だが、「悲しむ」という言葉に文法的命令形は存在しても、その意味として命令形はあり得ない。「悲しめ」と命令されても、悲しむことは出来ない。

果たして、私たちはハングリーになれるのだろうか。

----

本当の幸せを知る者は、本当の不幸を知ったことのある者だけである。決して有名人の残した言葉ではなく凡人のものだ。ごく普通に不幸な人が、不幸の中に居ながら自分は幸せだと感じたとき、本当の幸せが理解できるという。もしそうだとしたら、現代人が感じている幸せとは、偽りの幸せになってしまう。何故なら、多くの人は本当の不幸を知らないのだから。偽りの幸せを、ホンモノの幸せだと思っていることほど空しいものはない。


寒さの中でじわじわと蕾を膨らませ続けているものがある。花を見て、また、自分の寒さを省みて、本当の幸せを知った者の心には、計り知れない美があり勢いがある。

Photo_4

北野の梅は悲しい。しかし、どこからかしら、鼓動のようなモノが聞こえてくる・・・ような気がする。

東風吹かば匂ひをこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ。

そろそろ、ほころび始めるのだろうか。

« 京都日記 | トップページ | 父の匂い »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/40065516

この記事へのトラックバック一覧です: ぼたん雪きらりと光る指きった:

« 京都日記 | トップページ | 父の匂い »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ