フォトギャラリー(令和2)

  • 冷やし中華(25日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 冷たい朝 | トップページ | ぼたん雪きらりと光る指きった »

2008年1月31日 (木曜日)

京都日記

逢坂山を越えて、京都に行き、2泊して帰ってきました。

 

  夜をこめて鳥の空音ははかるともよに逢坂の関はゆるさじ

 

このころの文学ってのは、まったくわからず、清少納言は、一体何を考えていたのか、そんなことなど何も知らず(女の情愛のことも実感としてわからないまま)、高校時代には丸暗記をしたモノでした。

 

逢坂山といえば、

 

  これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関

 

コチラのほうが私には馴染みでした。

 

そうだ。今夜は、鞍馬天狗をする日じゃないか。PC、OFF!

 

 

さて、帰りに、「小倉山荘」(本店) というオカキで有名なお店に寄って、幾つか買って帰ってまいりました。老舗とうたってるけど、ホントにそんな昔からあったかな。小倉山荘。

 

でもすごい人です。光明寺の手前にあります。

 

 

帰路は、徳川家康の伊賀越えの史跡に並行して山の中をとろとろと来ました。きょうの県境の峠道は、小雨に霙も混じって寒い一日でした。

 

 

もりつじ」のお昼のランチ時刻に15分だけ間に合わず(14:15)残念でした。

 

« 冷たい朝 | トップページ | ぼたん雪きらりと光る指きった »

瞬く・初版」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト