« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月曜日)

大晦日 所感。不便を見つめる・・・・

朝日新聞、高橋論説顧問が12月31日の朝刊で荘子を参照している。

----

荘子:反機械論

天地篇第十二

子貢が旅をしていたときのこと。老人がひとり、畑仕事をしていた。手仕事で、見るからに能率が悪そうだった。子貢は言った。

「ハネツルベをお使いにならないのですか。ハネツルベを使えば、流れるように水を汲めて、一日に百畝(うね)も水をかけられますよ」

「わしは師匠から習った。『機械』を使う者は必ず『機事』がある。『機事』がある者は必ず『機心』がある。『機心』が胸のなかに存在すると、純白な心がなくなる。純白な心がなくなると、精神の本性が定まらない。精神の本性が定まらなければ、道に載せてもらえない。わしはハネツルベを知らない訳ではないが、恥ずかしいから使わないのだよ」

参考先;加藤徹 KATO,Toru (Japan)
http://www.geocities.jp/cato1963/index.html


----

▼昨晩は、昨日までと変わって木枯らしがきつく吹き荒れた。寒波が来ているのか、雪が降っているところもあろうな、と思いながらうつらうつらした。言葉にならないで苦心していることが、少しずつイメージとして頭の中を通り過ぎては消えてゆく。

不便さが必要なのだ。不便を承知することが大事なのだ。そんなことを考えていた。

29日の日記、師走、所感で
 Q2) エコに気を使って冬を乗り切るアイデアは?
と書いた。
快適で、幸せであれば良いのか。その心の思うところは、まさに荘子がいう「機心」であったのではないか。

▼情報処理科学から情報工学へ、サイエンスからテクノロジーを学びながらそして仕事で使いながら、今までここまでやってこれたのだが、昨今の情報技術社会には一矢を投じるべきだ、とも言い続けてきた。進化するべき矛先が間違っている。哲学なき暴走だとも言ってきた。

私たちは、便利、快適、イコール幸せという図式を作ってきたのだが、その裏には中流意識、富めることの麻薬性、それに伴う虚栄像がついてまわる。
(省エネを実践するのに、カッコよくしなくてはならないと考える人が多い。だからエコバックなのだ。)

▼そこまで書かなくても、と言って職制のチェックで保留になってきたことがいくつもある。
そのいくつかに
・テレビ事業は夜の10時ころには放送終了。国民は寝なさい。
・某放送局は即座に深夜の放送を中止すべきだ。
・朝の5時に起きてウォーキングなり体操なりをして健康増進に努める。
・ガソリンの高騰は、過去の歴史を見ても最大級であるにもかかわらず、ノホホンとしている神経のボケ具合に気づきなさい。
・昔、オイルショックの時には、テレビ放送も自粛していたのに、今はその影すらない。
・「環境と経済の両立」なんて、大義名分のマヤカシに国民は真剣に疑問を持つべきである。

▼エコに気を使うとか使わないとかに関係なく、人は少し不便を味わい、知恵を絞ることを甦らせねばならない。温温とした環境の下で、新しい解決手段など浮かばない。

前述の質問には大勢の人が「厚着をして乗り切る」と答えている。
しかし、包含している課題は果てしなく奥が深いのだ、ということを認識しなくてはならない。

▼もうひとつ。
テレビを消して…ラジオを聴こうでも良いし、目を閉じて考えようでも良い。
視覚に飛び込んでくるお笑いを見ていて、ヒトはお笑いの本質を忘れると同時に考える能力を失ってゆく危機を迎えると感じた。
落語でも文化講演会でもいい。目を閉じて聴いてみることを忘れてしまっては、やはり、失うモノが大きい。

見栄や虚栄を棄てて、不便を承知で今に挑まねば未来はない。そう断言してもよい時代を迎えている。

2007年12月29日 (土曜日)

師走雑感

巻頭言

 早いもので、あと数日で新年を迎えます。読者の皆様もそれぞれに1年間を回顧したり、来年の展望を抱いたりしておられることでしょう。

 この年を表す漢字が「偽」と報じられて、うなづいた人もあれば、嘆いた人もあることでしょう。また「××の品格」であるとか「××力」などという題名の本が話題になったりした年でもありました。

 今年の新年のメルマガ編集後記は、「米国の元副大統領アル・ゴア氏」の記録映画「不都合な真実」に触れましたが、ノーベル平和賞でも話題になりました。「地球温暖化」という言葉も、今まで以上に印象の強い年でした。 

*

あとがき

 今月のメルマガは、月末ギリギリまで遅れてしまい、大変申し訳ありません。
遅れている間に師走がぐんぐんと押し詰まってしまいましたが、今回はまだ締め
切りに間に合う募集を何点か掲載しました。お正月にご家庭団欒の折にでも、ぜ
ひご検討ください。

 さて、平成19年の師走も、いよいよ残すところ僅かとなりました。今年も「三
重の環境と森林」メルマガをご愛読いただきましてどうもありがとうございまし
た。皆様、どうぞ良い新年をお迎えください。 


この季節のこの時期を迎えると、毎年同じことを考え、頭の中を巡りゆく喜怒哀楽を思い起こし、自省をする。しかし、振り返ることが大切なのではない。次に何をするかを練ることが大事なのだ。

しかし、年末年始という時期が、昔のような緊張感を失っているため、師走といいながらも一年を納めるという重大感がないとも言える。

子どもの頃のように、親戚が遠方から帰省し家中に人が溢れ、賑やかにひとつのテレビに夢中になって時間を過ごすという風景は消えつつある。家族は、それぞれがテレビや冷暖房を備えた自分の部屋を持ち、一日の行動においても、マイカーで出かければ気ままな時刻に帰り着き勝手にご飯を食べるとスタイルを、悠々と送っている。

快適に暮らし、幸せであれば、それでいいのか。

*

日経エコノミーがサイトで有識者に次のような質問を投げかけている。

■ Q1) COP13の成果をどのように評価しますか?
5段階評価〔大変評価できる・ある程度評価できる・なんともいえない・あまり評価できない・全く評価できない〕でお答えください。
■ Q2) エコに気を使って冬を乗り切るアイデアは?

痛みを伴なう節約や省エネ、ライフスタイルの改革など、満足で快適な暮らしにメスを入れねば、いけない。そのことはこれまでにも再三、声を大にして言ってきたのだが。
社長、たのんますよ。

2007年12月28日 (金曜日)

続・西本智実さん  再び

先日書いた日記。
西本さんのコンサート。

チケットを入手してきました。
残り僅かでした。十数枚かな。

一番後ろの真ん中です。ポツンと1個ありました。

2007年12月26日 (水曜日)

西本智実さん  再び

西本智実さんのこと

という日記を去年の11月に書いたが、
その西本さんが、伊勢市にやってくるのですよ。

今、私の財布に5千円は無いなあ。

行きたい!
娘の成人式なんてどうでもいいから、コンサート行きたい!
と駄々をこねても、しかたがないか。

Photo_2

2007年12月23日 (日曜日)

つゆ焼そば

喰いたい。
ほんまに、売ってるんやろか。
焼きそば・大好き人間としては、急がねば。

食った人居ますか?
Photo

2007年12月18日 (火曜日)

忘れる

▼京都・高尾のもみぢ屋で豪華なボタン鍋を囲んだり、琵琶湖岸・雄琴温泉に繰り出しカモ鍋を堪能したこともあった。越前まで車を飛ばしてカニ三昧の夜を過ごしたこともある。

長い過去を振り返ると、野球部だったころは華やかだった。
1番センターねこさん。強肩で俊足。

12月になると1回の忘年会が1万円以上で、所属、同期、仲好し、野球部、音楽部、ハイキング部…などと行くのだから、ボーナスの大半は泡と消えた時代だ。


▼今年の忘年会は1回だけで、私は「お酒を飲まない組」のほうで参加する。ええ?大酒飲みなのに飲み会に参加して飲まないなんて有り得るのかい?とお思いの方もありましょう。でも、我が職場の忘年会は女ばっかしで(7割くらい)ペチャクチャとおしゃべりな会なので、別に飲まなくても楽しい。

そういうわけで、私の周りでもこの1年を振り返る雰囲気が少しずつ高まりつつあります。


▼半世紀を生きてこの年齢になると、これまでお世話になってきたみなさんに少しずつではあるものの、心から恩返しをしていかねばならない、と思う。

飲んだ暮れて歩き回った夜の街には未練は無いが、一度くらいは家族を連れて静かに飲んでみたい。私はカニをそれほど好まないので、ふぐがいいなあ。

ひれ酒や午前零時に襟を立て  ねこ作

2007年12月15日 (土曜日)

珍しく音楽の話でも

▼あるマイミクさんの日記を読んで、チャイコフスキーの「大序曲1982年」を聞きたくなった。最近は滅多に聴かない音楽だが、CDをごそごそしたら、カラヤン+ベルリンフィルのチャイコフスキーの5番交響曲とセットになっていたので、思わずPCはシャットダウンして聴き入った。

うっとり。感涙。
生音楽聴きに行っても、ドバーっと感涙してしまうんですよね。
チャイコフスキー。ラブ。

▼そのあと、悲しいことがあった。その音楽を聴いているステレオのスピーカーがちょっと傷んでいることがわかったのだ。カバーを外すとウーハーの周囲の紙の部分が劣化して破れたりひび割れたりしてるのだ。
結婚した頃に、ボーナスの大半を投入して買ったスピーカーだ。15万くらいだったかな。まあ、20年ほどになるのだから仕方ないと言えばそれまでだが、最近ちょっと粗末にしてたのを反省。

▼チャイコフスキーを聞き終わったら、ベニーグッドマンのカーネギホールの録音版。
またしても、涙。ドバー!

▼涙で思い出したのだが、
「千の風になって」という歌があるでしょ。テレビを見ない私は全然知らん曲だったのですが有名だということは薄々知ってました。
その曲を今度のイベントで演奏するということで、先日のデュークスの練習で初めて見ました。演奏は歌付きで、ついつい聴き入ってしまうのですが。
(バンドマンが聴き入ってはいけないのですが、声楽がご専門というキレイな人なのでつい…)

今年の年末は忙しいです。

2007年12月13日 (木曜日)

逝った人

3月に、時実新子さんが(10日)、7月に、小田実さんが(30日)、続けて、8月に阿久悠さんが(1日)逝ってしまった。

いつかはそのときが来るにしても、いざ来てしまうと悲しい。

今年のこの3人は、私の人生に大きな影響を与えた作家さんたちのなかでも、最も贔屓にした人たちばかりだ。

時実新子

▼時実さんは、朝日グラフに連載していた「川柳新子座」でぞっこんになってしまった人だ。
宮本輝が「月光の東」という小説で主人公の生き様を「凛冽に生きてきた」と表現しているが、時実さんもそんな人だった。「小説新子」を読んでみるとその一部が書かれている。
彼女の川柳は、私の人生を揺るがすほどに強烈だった。その強さと厳しさと弱さに、人生というものを考えさせられる。

小田実

▼小田さんは、大学時代に貪るように読んだ。
「何でもみてやろう」なら知ってるわという人も多いはずだ。
今の時代に書店に並ぶ書籍の題名のように、自分を弁解または補足説明するかのような長たらしいタイトルではなく、小田はこう考えてこう行動するのだ、と明確に切り出してくれる。

▼阿久悠さん。
この人の作品は、唄にならなかったものや小説/作品集として文庫・新書で出版されたものよりも、音楽に乗せて作られた作品のほうが素晴らしい。
まさに、涙なくして聴けない。
いったいあのお顔のイメージの何処から作詞作品のような感情や情景が生まれてくるのだろうか。
人の心は儚いものだ。歌は口ずさまれて、人の心のなかを旅する。まぶたに浮かぶ風景が目まぐるしく揺れている。ひとりで静かに歌いたいと思う。

大橋純子

2007年12月 8日 (土曜日)

ひとり旅 ・・・・を続けよう

ひとり旅。バイクで走る旅のコミュを作っている。(mixi、GREE)

旅は、ひとりがいいとは限らないだろうし、長期の旅が褒められたものでもない。
誰だって仕事があるし、家庭があるなかで様々な事情を背負って旅をする。

私も幸運なことに、黄金週間や夏休みなどの休暇を利用して、1週間から10日間あまりの旅を永年してきた。沖縄以外の都道府県で、数々の思い出ができた。


ひとり旅をするバイク好きの人は多い。彼ら彼女たちと話をすると、およそ同じような話になる。

駐車場にバイクを止めても何となく寂しいような感覚がある。
しかしながら、何にも縛られない解放感もある。
行く当ての無い不安感とこれから起こる未知なことへの期待が交錯する。

あの感覚は言葉にできない。
だから、そんなコミュを作っても、言葉の交流は難しいことになる。
でも、私たちは出会うと会話を交わす。コミュでも対話をする。
何かを書いて、同じことを連想したり胸に蘇えらせながら、読んでいるのだろうなと思う。


世の中が物騒になって、夢を語るには悲しすぎるような状態だが、それも我々のひとりひとりの成してきたことなのかという反省もしなくてはならない。

どんな時代になっても旅人はひとりで、野天の地で体を休め、あの山の向こうの景色はどうなっているのだろうという好奇心につられて峠を越えてゆく。

道ばたの小さな小屋の小さな屋根の下で雨宿りをしたこともある。
ずぶ濡れになりながら同じようにバイクで駆け込んできた子が二十歳そこそこの娘さんで、空を見上げながら旅の話をしたこともある。

ひとり旅には、筋書きはなかったのだ。
Kamegamori_2

2007年12月 5日 (水曜日)

温いと温い

ぬるいとぬくい。

---

▼お風呂は温めで、ビリがいい。近頃の風呂は温度制御が行き届いているので39度くらいのお湯に狙って入れます。温い風呂で20分以上浸かりつづけると身体もポカポカ。もう1度低いと、ちょっと寒気がきますが、夏なら38度くらいでも快適です。

▼寒波が襲ってきてます、温い格好でお出かけください、というときは温いと書いてぬくいと読む。伊勢平野の多くの人は、温いと言わずに温たいと言います。私は国語学者じゃないので勝手を言いますけど、温たいという言葉は、温たしという言葉があったから今に残っているのでしょうね。でも、未然形はどうなるのかね。

▼オイラは猫舌、熱いものが苦手です。
ゴメンね、お茶が温くなってので入れなおします、とか、味噌汁、温めますか? なんて聞かれるのですが、慌てて断ります。
我が家では熱いものを食卓に出してはいけない。そういう厳しい不文律があります。味噌汁を温めるなんて概念は全く無い。ホカホカ御飯もほどほどに温いことが条件です。

▼お外は木枯らし。凩とも書きますが、寒々しい字ですね。窓越しに縁側は温いです。日差しが背中に当たるとシアワセ感が体中に溢れますね。猫の気分。

▼温い…。私は地球温暖化対策室というところの仕事をしてますが、ここにも温という字が入っていて、うーん、今やマイナスイメージやん。人間は(ヒトは)少々寒いところでも暮らせる動物なんです。縄文時代の文明は、寒冷地に多く発見されますしね。人間の心は温もりを求める。検察の捜査は温くならないように、くれぐれも。大臣逮捕はいつだろか、楽しみ。

▼お酒は温めの燗がいい…と唄にありますが、この歳になると、温いおでんに冷たいお酒という組み合わせを選ぶこともしばしば。

---

そうそう、昔、ちょうちんという映画があって、あれは名画ですから見てない人はぜひ。

ちょうちんの赤色温し年の暮れ ねこ作

2007年12月 2日 (日曜日)

振り返る

▼ふと思いついて去年の12月の日記を振り返ってみる。するとそこでは、写真を何枚か拾い出し、感傷に浸っていた。記憶の中で埋もれていた忘れかけている像が、1枚の写真で不思議なくらい鮮明に蘇える。

▼写真と言えば、私は親父の写真を手元に1枚も持っていない。もう10年前の冬に逝ってしまったので、記憶から遠のくばかりだが、毎年冬になると、木枯らしに椿が揺れる庭で葬儀をしたことを思い出す。

▼いよいよ、師走。年が暮れ行くこの時期になると、親父を思い出し、さらにその親父が寒い農作業小屋で夜なべ仕事に注連縄を作っていたのを思い出す。

▼生きているときは、何も思わなかったというか、考えようともしなかった。「寒いのにやめてぇおきぃ」と声を掛けることはあっても、手伝いもせずにいた。だから、新年を迎えるときに注連縄が飾られることは、当たり前のことだった。

▼しかし、親父が逝ってからは、誰も注連縄を作る者がいなくなってしまった。餅を搗く者も居なくなってしまったし、年を送るために家の軒先を片付けたりすることも殆どなくなった。すっかり静かな師走になっている。

▼一年を振り返りながら縄を編む。禍福は糾える縄の如し。ひとつずつ丹念に縄を捻りながら1年を思い出し、それぞれに感謝をし、また反省をしながら親父は縄を編みこんでいたのだ。そう、後年になってから気付くのだから、後悔先に立たず。先人の言葉通りとなっている。

▼人は、皆様のおかげでここまで来れる。そのことに「感謝をしなければならない、などと言葉で説いてもアカンのや、黙って注連縄の作り方を覚えろ」、と親父は言いたかったに違いない。

▼月の中旬に満月を迎え、それが欠けてゆけばひと月が終わる。それを12回繰り返して師走を迎えた。

▼古代エジプト人は、遥か3千年もの昔にその月の満ち欠けを見て、ひと月を30日とし、これを12回と定め12ヶ月としたという。1年は365日、閏年は366日であるという概念も正確に把握していて、12×30=360。残りの5日をどの月にも属さない余分な日として感謝をしたという。

▼一体、私たちは何者に呪縛を受けているのだろうか。皆が皆、同じ方向へと歩み続け、同じような価値観で物事を判断し、多くの人間が自分は幸せだと思い、よその家族より我が家族を大事にし、弱者を切り捨て、それで間違っていないと信じている。

▼毎年同じようなことを考えている。人が溢れ雑音と化した音楽をきき、街を歩く。華やかな電飾を見るたびに、幸福という意識は麻薬なんだなと思う。

M's Zoom

  • 七月中旬ディズニーランドにて
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ