« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金曜日)

味わう -「森嘉」の豆腐 続編-

たくさんの方々にレスをもらってしまったが、個々に書く時間が無かった。そこで、サボってまとめレスのようなものとなりつつある・・・・。

しかし、昔、万年筆で手紙を書いていた時代なら、ポストに投函してから2,3日後に相手に届くから、返事が戻ってくるのはさらにその数日先だったはずだ。

タイトルに、「味わう」と書いた。
手紙を書いた私は、この待ちの時間も一種の「味わい」だった時期があったわけだ。
人々は味わいを、自らの手で失ってゆく。その愚かなことをひっそりと嘆いている。

---

さて、森嘉の豆腐は美味しく戴きました。

実は、豆腐が嫌いだった私が食べるようになったのは、森嘉のおかげだ。美味いモノに出会うと、根底から覆されることがあるという事例です。

つまり、湯豆腐なんて家で食ってもそれだけじゃ美味くないしシンプルすぎる。だから、レスで書いて頂いたように寄せ鍋に変身させてしまうことが多い。それは正解だと思います。

でも、座敷に座り、時間を掛けて豆腐だけを戴くというのは、非常にもったいない気持ちもあるものの、お茶を戴くのと似たような気分にさせられ、私に禅の心得はないが、想像するに、そんなものを感じながら豆腐を戴くと変に美味いと思います。
詰まるところ、「心身ともに落ち着いて、準備をして受け入れる心を持ちなさい」ということなのかもしれない。

豆腐の味わいとは、のど越しで満足するものではなく、舌がとろけるものでもない。京都の豆腐が特別に美味いとまでは断言できないが、豆腐とはこうでなければならないという主張が感じられる。

(いつか、気の合う人とゆっくり豆腐を食べたいものです。大村益次郎みたいやね・・・・)

----

自他共に認めるウイスキー党の私ですが、先日、腸炎を煩い一日酒を欠かしてしまった。365日欠かすことの無い私が飲まないと、周囲も-というか、よめはんが-相当に私が不調だと察してくれる。

飲まない夜を過ごしながら、仕事やあれこれで怒りが収まらない (自棄酒は飲まない) とか、体調不良のときは無理には飲まない自分を振り返りながら、飲めるということは、幸せなことなのだと改めて感じている。

味わいの今宵も深し秋の暮れ ねこ作

明日から師走。

2007年11月25日 (日曜日)

「森嘉」の豆腐

京都の夜は、結構寒いです。

嵐山を2度も散策しました。
お昼は自転車で。夕方は徒歩で。

真っ暗なのに、嵐山の竹やぶの道にはたくさんお人が歩いてます。
私も歩いてましたが。

帰りに、白菜買ってきました。
今日のお昼に嵯峨釈迦堂というところのそばの「森嘉」で豆腐を買ってあるので、今夜は湯豆腐。


イキのいいブリのアラを見つけた日は「ぶり大根」がいいですね。

男の料理だから、レシピはない。

湯豆腐のだしは、昆布。
ぶり大根のだしは、煮干です。

2007年11月24日 (土曜日)

東福寺

さっき、東福寺に行ってきたけど、すごい人でした。

地元の人にインタビューしたら
「10年ほど前からブームやねえ。休みはあかん」
と言ってました。

とにかく、ひどいわ、あの人ごみは。

情報をゲットしたら、いかにゃ損や!という感じで群がるもんなあ。

私もその一人かい・・・・

2

2007年11月21日 (水曜日)

寒い。

寒い。

---

ささやかなことであろうと疎かにしまいとして綴ってきた日記である。
如何なることがあろうとも、そこには決して無駄には出来ない深い理由があったからだ。
しかし、今日の日記は、短く済ませた。こんなことは、長い歴史のなかで、一度もなかった。

(あとがきが長過ぎ)


---

♪京都の秋の夕暮れはコートなしでは・・・
って思い出しますよね。

2007年11月19日 (月曜日)

木枯らしの一日吹いておりにけり

木枯らしの一日吹いておりにけり 岩田涼菟

▼先日、金曜日。何気なしに仕事にでかけそうになってしまって、おっときょうは休みだった、ってなわけで、ゆっくり過ごしていましたが、あの頃からどうやら寒くなってきたのかね。

▼金曜日が休みだったので、土日は仕事でした。そしてきょう、月曜日は休みです。ふしだらな部署に勤めるしがない公務員です。はあ。

▼しかし、今度の連休は、23日には仕事に行きますが、そのあとは休みますぜ。京都で、今度こそは、紅葉の写真を撮りたい。でも、寒いからバイクでいけないので、電車で行きます。

▼・・・・といいながら、正月ツーリング計画を立てて見ようかと考えてみたりしてマス。キャンプも。でも、自分のテントが腐ってるかも。

▼最近は、割とせっせと楽器を吹いています。いい楽器が欲しいなあ。バイクを始末して、車も1台処分して、楽器を買おうかな、ってマジで考えてしまってますが。

▼手元の本は、ずーっと「忘却の河」を持ち歩いていましたが、先日、松本清張の「火の路」を買ったのですよ。しばらくはそれでOK。

▼娘が欲しがっている司馬遼太郎の本(詳しくはコミュを参照して)ですが、何にしようか迷っています。風神の門、梟の城、のどちらかにしようかなと思っています。

▼娘のカメラが修理完了。私がカメラを受け取ってきたのですが、その中に入っていた写真に、私が昔に撮ったのと同じアングルの写真があったので驚いた。30年のブランクがあっても親子は同じ景色を撮るのですね。(私のフォトアルバムに同じアングルがあるかもね)

※一番上が娘の作品。同じ場所から、30年の時間差で。写真公開は一部の記事のみ。

2007年11月15日 (木曜日)

I'm Gettin' Sentimental Over You

センチになって

楽譜が手に入ったので
PCはやめ。

ちょっと吹くことにします。

では。

2007年11月14日 (水曜日)

チン!

【トイレでチン!】

先日、2,3ヶ月放置したままになっていた貰い物のシャワートイレを設置した。ボタンひとつで開閉するという割と新しいタイプです。

オモシロイのでオシッコをするときにパンツを下ろしながら「開」ボタンを押したら、便座の蓋と便座が順番に開いてくれたのだが、出しかけていたチンチンに下から衝突した。

ちょっと。
痛いんですけど。
ポヨヨン。

----
【レンジでチン!】

電子レンジがいよいよ温まりにくい。
もう20年以上使うので、冷たいままでチン!という。
もう一回チャレンジすると温まることもあるので辛抱して使うことにしよう。

炊飯器も冷蔵庫も洗濯機もアカン。
買い換える金は無いなあ。

奥様も一緒に新しくできたらええなあ…なんてのは普段の会話だが、自分でも無意識に変にリアルなときがあるなあ。

でも、マジで、洗濯機が16年、電子レンジが23年目、よめはんが傍に来てから26年。長持ちするもんですな。

2007年11月 7日 (水曜日)

秋深き隣は何をする人ぞ

 秋深き隣は何をする人ぞ  芭蕉

芭蕉は元禄7年-奥の細道を旅をしたのが元禄2年で、それから5年後-の9月28日この句を詠んだと記されています。旧暦の9月は、もはや、すっかり秋が深まっている時期で、ちょうど今ごろでした。   (太陽暦で11月15日)

暮れ行く秋の静けさと寂しさを、移ろいゆく季節に感じながら、実は自らの体調に迫り来る異変にも気付いていたのでしょう。その10日余後の10月12日に突然ぽっくりと逝ってしまいます。50歳。

 此道や行人なしに秋の暮  芭蕉(同年9月26日)

さて、今や「隣は何を…」ではなく、ご当地で鎮火の兆しのないおみやげ物の製造日などの不正騒ぎですが、その傍らで「もったいない」という声が上がり、情状に眼を向ける人も多かれ少なかれあるようです。

大勢を欺くという行為が如何なる理由であれ事実であるならば司法の判断を待たねばなりませんが、食べる側の人の中に「もったいない」という意識があったことに一縷の望みが残されているような気もします。

*

(後半部分は、チェックが入って、以下のように改訂しました。)

  さて、「秋の暮」というと「秋は夕暮れ。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、…」を思い浮かべ「夕暮れ」をさすように思いますが、しかし、芭蕉のいう「秋の暮」は「夕暮れ」ではなく秋そのものが暮れてゆくという「晩秋」のことで、近づきつつある厳しい冬を思い浮かべながらの情景だったのでしょう。
 メルマガを書いている今日(11月12日)は、鈴鹿山麓に寒波が押し寄せ、外に出るとぶるっとする日になっています。

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ