フォトギャラリー(令和2)

  • 「ピリ辛ねぎラーメン」スガキヤ(牛焼肉丼とサラダをセット)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 入院費 | トップページ | そうだ、京都、・・・   »

2007年10月 9日 (火曜日)

芋峠から明日香村へ

カレンダーも残り3枚となって、嬉しいような哀しいような気分です。

 

10月。

 

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規

 

深まる秋にこの句を思うと、人それぞれの秋が脳裏に浮かぶことでしょう。

 

子規は「法隆寺の茶店に憩ひて」と前書きしながらも、この句を東大寺で詠んだといいます。聖徳太子の勇壮な姿が斑鳩を駆けまわった飛鳥時代に思いを馳せていたのでしょうか。

 

そこで私も例に漏れず、あたかも子規の演出に釣られるよう風情を探しに、奈良盆地方面へと県境を越えたのでした。ひょいと明日香へ。

 

10月6日。

 

東吉野から明日香村へゆく峠を芋峠といいます。アスファルトの両脇が緑のコケで覆われている寂れた山道です。木でこしらえた手作りの道標のとおりに峠道を越えると明日香村に出ます。色づき始めた山あいの棚田で黄金色の稲穂が秋風に波打っている風景が広がります。所々で稲刈りが始まっていて、懐かしい稲架掛け(はさがけ)も見ることが出来ました。

 

脱穀の風景も変わりつつあります。刈り取った稲は生のままで脱穀して、石油などの燃料を使って乾燥してしまいます。したがって、刈り取ると同時に切り刻まれてしまう刈穂は、「すすきぼうし」になれぬまま、土に還っていってしまうのです。
こんなところでも文明の合理性が採用され、その引き換えに小さなものを幾つか失ってきたわけです。

 

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつつ  天智天皇

 

「あ」から始まるので覚えていました。明日香地方を散策しながらふっと思い浮かんできた歌ですが、この情景も失われつつあるモノのひとつのようです。

 

*

 

 巻頭で書きました「秋の田の」…の歌は、高校時代に徹夜で覚えた百人一首のひとつで、腕力で「あ」から覚え始めた成果もあって、30年以上の年月が過ぎても覚えていたのかなと思います。

 

 


明日香村稲渕地区で超のんびりしていました。このあたりは「かかしロード」と名づけて9月にはイベントも行われています。彼岸花が真っ赤な花を、黄色い棚田の間に点々と咲いています。

 

 

 

ハイキングやウォーキング、アマチュアカメラマンが溢れ返っていました。

 

細い道をゆっくりと抜けて石舞台古墳の前で少しまどろんでいました。久しぶりに来ましたが、人は多いものの、割と落ち着く公園です。

 

ちょうどお昼の時刻でしたので、笠そばに行こうと思い立ちました。長谷寺の山門前を抜けて山の奥へと入っていきます。二度目です。蕎麦の花は刈り取ってしまった後でしたが、大勢の人で賑わっていました。

 

奈良県の山中のB級・農道(村道)を堪能して帰ってきました。3連休の後ろの2日間は仕事でした。お疲れ様>自分

« 入院費 | トップページ | そうだ、京都、・・・   »

【裏窓から 巻頭】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芋峠から明日香村へ:

» 秋の飛鳥散歩 [- Walk Don't Run -]
9月24日 (土) 飛鳥に行きたくなってきたので 御墓参りにゆくうちのんを電車の乗せたあと バイクで出かけることとなった。 ※2007年秋 と2008年秋 にも行っていますが ふと地図を確認すると、談山神社の裏から多武峰を越えて石舞台に至る道筋が繋がっているように見えるが、果たして本当なのだろうか。長年も前から、━ ━ ━ のままで、歩きでしか超えられなかったルートだ。 よし、決定。 多武峰から石舞台への途中で スゴイ人が稲渕に押し寄せている。数年前に駅に貼られた近鉄のポスター1枚でこれほどまでに変... [続きを読む]

« 入院費 | トップページ | そうだ、京都、・・・   »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト