2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« KLE 緊急入院 | トップページ | 不如帰 »

2007年6月16日 (土曜日)

手紙 東野圭吾

手紙 東野圭吾



随分と話題になった小説らしいですね。映画にもなって人気爆発で、東野ファンも急上昇のようです。

同じように人気沸騰の重松清とはペンのタッチがまったく違います。表現や文章作法に気を配っているのはどちらの作家も同じでしょうが、東野さんの作品には気障さとか洒落っ気というのはあまり無いように思えて、淡々と無駄なく綴っているような気がする。

作品も、相当に思案して構成を考え、バランス感覚に非常に気を配った、読んでいてわかりやすく、戸惑いも起らない。優良な作品だと思うのですが…

そういう意味では、ちょっと読み味が足りなかったかもしれない。


お話の内容は読者を惹きつける物語なんですが、映画になってしまってから(見てませんけど)読んだこともあってか、先入観も働くのでしょうが、小説を読みながらその醍醐味に浸ることもなく、感動して必ず泣きますというウワサもさることながら、この上ない泣き虫の私がほとんど泣かずに読み終わってしまった。

きっと映画だったら号泣だっただろうと想像すると、小説家というよりも劇作家、映画作家で将来は大成されるのかもしれないなあ、などと頭の片隅で考えつづけながら読み終わってしまった。

直木賞作家で1回前に読んだのが高村薫で、文章というもののインパクトが対照的なだけに、東野さんのサラサラ感の小説は少し物足りないかな。


| 2007-06-16 09:38 | 読書系セレクション |

« KLE 緊急入院 | トップページ | 不如帰 »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49823535

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙 東野圭吾:

« KLE 緊急入院 | トップページ | 不如帰 »