M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« エンドウと蕗とホオジロ | トップページ | GW・後始末篇 【号外】 »

2007年4月25日 (水曜日)

風に吹かれて

 何を求める風の中ゆく  山頭火句集「雑草風景」から

座右の句集を開けたら、この句が飛び込んできた。

山頭火はこの句を、おそらく、秋に詠んだのだろう。しかし、たった今、私の居る部屋の窓を開けると心地よい風が吹きこんでくる。

春霞の空にヒバリが高く舞っている。

.

先日、電車で出勤をした。最寄の駅で同僚に相乗りして数キロ先の職場まで山道を上って行く途中に蓮華畑を見つけた。一面の蓮華畑を前に、子どものころのさまざまな思い出が蘇る。田植えの準備が整う水田と蓮華畑を眺めながら山の斜面を職場に向かってあがっていった。

あの辺りは山あいなので麦畑は少ないが、平野部にゆけば水田と蓮華畑と麦畑が小学生のお絵かきのようにギクシャクと並んでいるのに出会う。
緑の麦は近づいてみるとしっかりと穂を出している。あとひと月もすれば黄金色の穂が風に波打ち、緑が麦から稲へと入れ替わってしまう。

季節が変わっても、風は緑の上を静かに吹くのだ。

.

ボブディランが歌った、「風に吹かれて」がふらっと口をつく。
意味も分からず歌ったころがあった。

♪    ♪    ♪
How many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?
The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind
♪    ♪    ♪


山頭火も、答えを風の中に見出そうとしたのだろうか。

風は人を素直にさせる素晴らしいツールだ。

« エンドウと蕗とホオジロ | トップページ | GW・後始末篇 【号外】 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876130

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて:

« エンドウと蕗とホオジロ | トップページ | GW・後始末篇 【号外】 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31