« 「寒」 | トップページ | 雫石の人 »

2007年2月 2日 (金曜日)

雪でした、あの時も

ぼたん雪きらりと光る指きった  ねこ作

卒業式が近づいているのですね。

一夜のうちに、雪が吹いてきて
山茶花の枝にうっすらと積もりました。

日が差しはじめると
綿のように積もった雪も儚くとけてゆき
きらきらと光っているのを見つけました。

大昔、卒業式のころに
またどこかで逢おうといって分かれたいった友たち。

指きりのあと、
雫がきらきら。
涙がきらきら。
美しく光るんだな、今の季節は。

----

あのころは、万年筆を握るのが嬉しくて
毎夜毎夜、手紙を書きました。

このごろは・・・
お手紙、なかなか書けません。
あなたに。

« 「寒」 | トップページ | 雫石の人 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876131

この記事へのトラックバック一覧です: 雪でした、あの時も:

« 「寒」 | トップページ | 雫石の人 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ