2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 雫石の人 | トップページ | 「窓あけて窓いつぱいの春」  種田山頭火 »

2007年2月 4日 (日曜日)

逃れる

 立春が過ぎて安堵の朝寝かな 

 立春に母を訪ねておかき食う

2004年の立春のねこ作・2題です。


塵埃秘帖に書き残しているのを見つけてきました。
作品のできは褒められたものでもないと思いますが、「いかにも」私らしくて自分で喜んでいます。


春という言葉を耳にして、ほっとするのでしょうね。
寒さをこらえることから逃れることができる。
その寒さの中で、火鉢に炭火を起こして、おかきを焼いてる母が居た。
赤々と怒る炭が頬に照る。

スローな時間を、愉しむひとときですね。
頭の中はスローじゃないです。
めまぐるしく、思いが動く。
そのことは書かないし、書けない。

人は、何かから「逃れる」ことを宿命として人生を突っ走ります。
寒さから逃れることもそのひとつだ。

---

しかし、縄文時代の人々は、この寒さを「辛い」と思ったのだろうか。

先日から頭の中にあるひとつの疑問なんです。(この話はまたの機会に。)

« 雫石の人 | トップページ | 「窓あけて窓いつぱいの春」  種田山頭火 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876303

この記事へのトラックバック一覧です: 逃れる:

« 雫石の人 | トップページ | 「窓あけて窓いつぱいの春」  種田山頭火 »