2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 海はきらいさ 悲しくなる | トップページ | 【ごみ】の話。ボツ原稿 »

2007年1月24日 (水曜日)

楽しく、面白く。損しなくて、人に嫌われない

▼瞬時にお笑いをとる芸人が目立つようになって、30分話して1,2度うふふと笑うような落語を愛する人が減ったような気がする。

▼ネットワークが進化して情報が簡単に行きかうようになって、得体の知れない軽薄なレポートを書く人も増えた。

「このレポートを作成するに当たって、30%と70%との完成段階の途中経過を提出してください」
とか
「作品は手書きで出してください」
と要求をするのは私くらいだろうか。

▼時々刻々と、疑問の多い文化が押し寄せてくる。
mixi や GREE の中でもケータイ文化がかなりの速さで浸透している。コミュニティーの中で対話が崩れてくる。自分のほうにしか向いていない日記が目立ち孤独なものとなっている。他人を寄せ付けない排他的なものにさえ見えるのに「どうぞお立ち寄りください」と書いているから究極の矛盾だ。

▼世の中、雑学ばやりで、問題と答えが薄っぺらく連結したような知識で満足している人が増えている。雑学の答えを知っている事が大事なのではなく、ましてや知識ではなく、過程が大事なのであろうに、そのことはどこかに消えている。知らないと不安なのだろう。知らなくても一向に構わないのに。

▼上辺だけの文化と言えばいいのだろうか。結果だけを追求したあまり、過程を見なくなってしまったのか。
森を彷徨い目的の宝物を見つけようとするゲームがあるとしよう。宝物は早く見つかるのが一番だが、いつまでもどこまでも見つからずに、散々歩き回る人は能力がなくて落ちこぼれかというと決してそうではないはずだ。(地球の自然危機には最後まで生き残れるかもしれないぞ。)

▼あるある…という番組が納豆のデータを捏造したそうで、TVを見ない私はまったくどうでもいい報道なのですが、多くの人がこのような情報に踊らされている姿を想像すると最高に滑稽で仕方がなかった。
今の社会はこの騒ぎを典型として、政治の世界でも可笑しく馬鹿馬鹿しい茶番劇が続いている。いい加減で気づいてほしいものだ。ここでも情報に左右されて、ややもすると政治勢力までもがこの情報で潜在的に捻じ曲げられているのかもしれない。

▼バイクと読書のコミュニティーを開設してるが、こちらでも、現代風な現象があることは否めない。簡単に手が届くものには簡単に手を出すが、面倒であったりよくわからないことにはまったく無反応なのだ。そして、すべてのデシジョンテーブルは自分に都合のよい論理でできていて、それを正当化している…人が多いようだ。(断定ではない)

▼楽しく、面白く。損しなくて、人に嫌われない。そういうことを最優先にして生きている人が多い。(当たり前と言えば当たり前だ。)
そんなみんなの夢をかなえるような社会を実現できれば、果たしてそこはユートピアなのですかねえ。

▼情報という科学(サイエンス)の生んだ技術(テクノロジー)が、人の心を、麻薬が人体を蝕むのと同じように破滅に追いやってしまう・・・・とまでは言わないが、テクノロジーの暴走といっても過言ではない。哲学と理学のみなさん、頑張ってください。

« 海はきらいさ 悲しくなる | トップページ | 【ごみ】の話。ボツ原稿 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876305

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しく、面白く。損しなくて、人に嫌われない:

« 海はきらいさ 悲しくなる | トップページ | 【ごみ】の話。ボツ原稿 »