M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 早や夏秋もいつしかに過ぎて時雨の冬近く | トップページ | 山あれば山を観る/雨の日は雨を聴く 〔山頭火〕 »

2006年11月15日 (水曜日)

サンタのブーツ

日が暮れきってしまった時刻に、スーパーの駐車場に車を止めようとしたら、ちょうど時雨に見舞われた。
しゃあない、走るか。ということで少し走った。

知らない間にすっかり風が冷たくなったなあ、と走りながら思う。髪が濡れるのを避けて、頭に手をかざして息を止めて走っている。
放射能の雨が降って、髪が抜けることもない。平和な時代だけど、「うつくしいくに」=(逆さまから読んで)「憎いし苦痛」な時代やで、と考えたりしている。

たかが、駆け出しただけの短い時間のなかで、様々なことを思っている。
明るい店先に飛び込んだら、ぱっと忘れてしまう。

真っ赤なサンタのブーツが山のように積まれている。誰に贈るわけでもないのに買いたくなってくる。

----

人並みな会社人をしていたころは、こんなお祭りなどには目もくれず、社会の流れの外で黙々と働いていた。今でもそういう人は多かろう。
どこの家庭もが寝静まったころに駅をおり、冷たい闇夜の道を急ぐのだろう。瞼の裏に描いているのは明るい玄関と暖かい夕食なのだろうか。

サンタのブーツが店先に並んだことも知らないで働く人。きっと、そんな人はmixiなんて世界も知らないでいるのかもしれない。

----

ちょっと仕事が忙しくなって、ぼんやりする時間がなくなると、夕暮れの路地を急いで帰ったことがあった昔を思い出す。明かりの漏れる団欒の部屋から声が聞こえてきて、すき焼きの匂いが漂ってくることもあった。

サンタのブーツ。

仕事が忙しくなっているのでスーパーへも行く暇がないから、しばらくお目にかかれないな。でも、何故か、思い出すだけでも嬉しくなる。

« 早や夏秋もいつしかに過ぎて時雨の冬近く | トップページ | 山あれば山を観る/雨の日は雨を聴く 〔山頭火〕 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876308

この記事へのトラックバック一覧です: サンタのブーツ:

« 早や夏秋もいつしかに過ぎて時雨の冬近く | トップページ | 山あれば山を観る/雨の日は雨を聴く 〔山頭火〕 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31