2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 空を見上げる | トップページ | サンマ »

2006年8月15日 (火曜日)

二人の田中氏

▽先日、葡萄を食べながら子どものころを思い出していたのですが、夏休みといえば家の前の畑で収穫した葡萄や桃、すいか、瓜、枇杷、とうもろこし、などが食べ放題でしたが、ところがその葡萄にしても桃にしても、いまどきに店で買ってくるものと比較すると各段にマズかったように思います。ほんの二十余年の間にすっかりと甘くなり、さらに美味しくなってしまったなと思うのです。

▽人々の暮らしも様変わりしました。良きモノ、悪しきモノの盛衰をとやかく言うわけでもありませんが、いと儚きことであるなあと思いながら、甘くて美味しい葡萄をパクパクと食べていました。

▽いつの間にか、渋くて甘くもない果物を避けて、よりいっそう美味しいモノを求めるようになった現代人の心に間違いはないと思うものの、一種の麻薬のような誘惑がそこにはありまして、この麻薬のようなモノにしわじわとやられていってしまっているのではないでしょうか。まあ、その結果、失ってゆくものがあるわけです。


▽二人の田中氏。まず、三重県議会議員だった田中氏の言葉から
┃ 暴行事件については
┃ 「力の強い者に果敢に挑戦するのが自分の信条だったが、
┃ 言っていることとやっていることが乖離(かいり)していた」
┃ と自嘲(じちょう)気味に振り返り、
┃ 「4期連続当選し、会派の代表になり、
┃ 若くして議長も経験したことで、
┃ 人の意見を聞かないようになってしまっていた」。

▽もうひとりの田中氏について、朝日新聞の社説(8月8日)から
┃ 田中氏の敗北 大人の知事になれずに
┃ 長野県知事選で、3期目に挑んだ田中康夫氏(50)が敗れた。
┃ ことし6月、「鳴りやまぬ『目覚まし時計』をもう止めましょう」
┃ という意見広告が地元紙などに載った。
┃ 6年前、作家の田中氏を知事選に担ぎ出した元銀行頭取が出した。
┃ 「利権集団との長年の癒着を徹底的に断ち切ったのは見事」と、
┃ 民主主義の目覚まし時計としての田中氏を評価しつつも、
┃ 出直し選後は身勝手な言動が目立ち、改革も停滞したと批判した。
┃ 当初の田中氏の取り組みは斬新だった。
┃ だが、いかんせん、組織プレーができなかった。

▽ここで 「力の強い者に果敢に挑戦するのが自分の信条だったが、言っていることとやっていることが乖離していた」いう語録が残されたわけですが、ここでも諸行無常を感じるわけで、この言葉は我々の周りのあらゆるモノに一般論理として当てはまるような気がするのです。

▽彼も権力という麻薬に犯されてしまったひとりだったのではないでしょうか。二人の田中氏。持ち味に深みがあり、社会を引っ張っていく牽引力、人物としての求心力も持ち合わせていると思います。甦って再び活躍する日を待つのか、はてまた、新しい時代の人に任せるのか。

« 空を見上げる | トップページ | サンマ »

【語録選】 」カテゴリの記事

【銀マド・名作選】」カテゴリの記事

【雷山無言】」カテゴリの記事

写真日記(平成29年版)

  • おでんが食べたくて
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 人参齧る
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う