フォトギャラリー(令和2)

  • 里芋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 吟松へ (奈良市大畑)  【バイク】 | トップページ | 京都日記 »

2006年7月 2日 (日曜日)

やがては消えゆくため息を残す

■ 寒風が眠れぬ夜の窓揺する
■ 弁当で背中も温し初雪や
■ 手鏡にうつろう紅や夜寒かな
■ 燃え尽きて裂けても石榴の赤さなり
■ 砂浜を駆けて青春ごっこする

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

きままに俳句ingのコミュが閉鎖ということで、自分の名前を検索して辿ったら5つの作品が出てきた。

 

ゴミのようなものであっても、自分の、自分らしさを表しているのが手にとるように分かる。

 

私の作品に優劣は無い。

 

 

優劣と言えば・・・・
そんな言葉の概念が存在しなかった大昔、人々はホンモノのゆとりと持ち合わせて、本当の意味の「ロハス」な暮らしをしていたのでは無かったのか、と思った。

 

どんどん馬鹿になる地球人たちよ。一度は滅びなさい。

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年12月06日18:04)
11月下旬に京都に行って、
そのあと一度、家の近くの海を見に出かけたくらいで、
硝子越しに陽光を浴びてぼんやりしているのがいいです。

 

■ 寒風が眠れぬ夜の窓揺する

 

先日、すごい風が吹きましたね。

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年12月15日22:33)

 

◆ 弁当で背中も温し初雪や     ねこさん

 

明日は一年で一回だけ、
車を置いて汽車で仕事に行く日。

 

一年に一回だけ着るコートが暖かい。

 

背中の弁当も暖かい。

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年11月03日09:21)

 

◆ 手鏡にうつろう紅や夜寒かな  ねこさん

 

◆ 燃え尽きて裂けても石榴の赤さなり  ねこさん

 

ちょっと言葉の遊び感覚で…  

 

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

(2005年06月24日09:01)

 

◆ 砂浜を駆けて青春ごっこする  (ねこ作)

« 吟松へ (奈良市大畑)  【バイク】 | トップページ | 京都日記 »

【随想帖 音】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やがては消えゆくため息を残す:

« 吟松へ (奈良市大畑)  【バイク】 | トップページ | 京都日記 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト