フォトギャラリー(令和2)

  • 餃子
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 第27話【花も嵐も】 浜坂ユースホステルにて<山陰> | トップページ | 第28話【花も嵐も】 砂の器の亀嵩駅へ<島根県> »

2006年6月11日 (日曜日)

溌剌と雑草伸びろや梅雨の入り

× 溌剌と雑草伸びる梅雨の入り
○ 溌剌と雑草伸びろや梅雨の入り
と改めました。どうでしょうかねえ。

梅雨入りをして数日が過ぎた。
晴れる日もあれば、じめじめとした日もある。
人にはそれぞれのなりわいがあって、雨を喜ぶ人もあれば恨めしい人もありましょう。

晴れの週間予報が出ていたので、きょうこそはと期待していたのですが、朝から渋々と雨が降っています。

いかにも梅雨らしい。

そう言えば、子どものころの梅雨といえばこんな日ばかりだったような記憶があります。でも、きっと、事実はそうではなく、子どもは外で遊びたい一心だったからマイナスのイメージが強く残っているのだろうと思います。

少しの時間でも雲が切れて雨がやんだら外に出かけたころと違って、このごろは部屋で横になって本を読んだりすることが多いかな。

─ ─ ─ ─ ─
あと、

■ 「山頭火句集」(ちくま文庫)をよむ  銀マドへ続く

« 第27話【花も嵐も】 浜坂ユースホステルにて<山陰> | トップページ | 第28話【花も嵐も】 砂の器の亀嵩駅へ<島根県> »

【随想帖 一、】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溌剌と雑草伸びろや梅雨の入り:

« 第27話【花も嵐も】 浜坂ユースホステルにて<山陰> | トップページ | 第28話【花も嵐も】 砂の器の亀嵩駅へ<島根県> »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト