« 第30話【花も嵐も】 其中庵・独り占め<山口県> | トップページ | 第32話【花も嵐も】 どこまでも山の中・椎葉<九州> »

2006年6月15日 (木曜日)

第31話【花も嵐も】 大観峰で長話しをした娘さん<阿蘇>

1994年のゴールデンウィークのツーリングのことだ。

やまなみハイウェイの長者原で野営をしたあと、阿蘇山方面に向った私は、ミルクロードを満喫して大観峰までやってきた。ゴールデンウィークということでたくさんのバイクが集まってきていた。マスツーリングの人たちが多く、快適な道路だけにスピードが出るタイプのバイクに乗る人たちが大勢だった。

阿蘇の高原に来たのだから美味しい牛乳を飲んで朝食としようと思い、お腹も減っているしそろそろ行こうか、とお尻をあげたとき、一台のバイクが私のバイクの近くに止まった。

私は近くの小高い芝の上に腰を下ろしてたので、その止まったバイクのことなど気に掛けず何気なしに眺めていた。

ヘルメットを脱ぐと若い女の子だった。駐車場のあちらこちらに群がるマスツーバイク人たちの視線が一斉にそちらに集まったような気がする。

「よし、ここはやはりソロの特権だから」と思って、私のいるところからその子に声を掛けたら彼女はこちらに歩み寄ってきてくれるではないか。

なにわナンバーだったので
「大阪からにしては荷物が少ないけど」
と言うと
「違うんです。今は北九州、柳川って知ってます? あそこにいるの。大阪に5年いて今年の2月に実家に帰ったの」

ぷーたろうだという。
あのころ、石野陽子ちゃんがテレビによく出ていたので、彼女が石野陽子に似ているように思った。単純な私は、嬉しくなってウキウキし、周囲の視線を僅かに感じながら2時間ほども話し込んでしまうことになる。

何を話したのか、まったく覚えていない。すっかりお尻が地面と仲良くなって、バイクのエンジンも冷えきってしまっている。こういうときって、お別れがとても辛い。

もしも、もしも・・・・です。
あのとき「一緒にミルクロードを走ろう」と彼女を誘っていたら、この年の九州ツーリングの展開はまったく違ったものに変わっていたかも知れない。

« 第30話【花も嵐も】 其中庵・独り占め<山口県> | トップページ | 第32話【花も嵐も】 どこまでも山の中・椎葉<九州> »

【花も嵐もI】 GSX篇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47713935

この記事へのトラックバック一覧です: 第31話【花も嵐も】 大観峰で長話しをした娘さん<阿蘇>:

« 第30話【花も嵐も】 其中庵・独り占め<山口県> | トップページ | 第32話【花も嵐も】 どこまでも山の中・椎葉<九州> »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ