2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 人恋しミカン畑の丘の道 | トップページ | 第27話【花も嵐も】 浜坂ユースホステルにて<山陰> »

2006年6月 4日 (日曜日)

第26話【花も嵐も】 ひっそり・鎧駅<山陰>

日本海の波の音には哀愁がある。そんな気障な台詞を呟いてみたくなる。山陰地方の鎧駅でのお話です。

小さな入り江を見下ろす高台で蒼い海に向かって立ってみて、私は、宮本輝の「海岸列車」のひとつの場面を思い出していました。駅舎から反対側のホームに渡ると海が真下に見下ろせて、曲がりくねった道がその崖の肌に一筋となって海岸まで繋がっている。コンクリートで整えられた入り江の一角に漁業協同組合の倉庫があります。小説で読んだとおりの風景でした。

山陰を語り始めれば、必ずここの景色と小説のことに触れてしまいたくなります。
「そんなにいい所なのですか」
と誰にも聞かれます。
「まあ、はっきり言って何もないけど」
そう答えることにしています。

ぼんやりと海を見下ろしながら、名も知らぬ花を眺めるわけでもない。ホームの上を行ったり来たりしたり、駅舎の広告の張り紙を見たりしている。

そうこうしているとディーゼル列車がやってきました。乗客が数人降りるだけです。反対側から来た列車と行き違いの儀式を済ませると、またトンネルに消えて行きました。

そして、なんとも言えない余韻がいつまでも続きます。

レポートはこちら
http://homepage3.nifty.com/bike-tourist/tour-photo/yoroieki/yoroieki98.html

« 人恋しミカン畑の丘の道 | トップページ | 第27話【花も嵐も】 浜坂ユースホステルにて<山陰> »

【花も嵐もI】 GSX篇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47713940

この記事へのトラックバック一覧です: 第26話【花も嵐も】 ひっそり・鎧駅<山陰>:

« 人恋しミカン畑の丘の道 | トップページ | 第27話【花も嵐も】 浜坂ユースホステルにて<山陰> »