2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 連休余話 | トップページ | 第15話【花も嵐も】 利賀村への道<奥美濃> »

2006年5月 6日 (土曜日)

前年・同月、、、 (子どもの日篇)

はたして、わたしは、どれだけ進歩したのだろうか。(あの日から)

mixiにも、ブログにも書き続けて、自問を時時刻刻と繰り返しながらも、着陸場所を見つけられずに浮遊するグライダーのようだ。

そんな自分に、
カツを入れるのは、紛れも無く、逝ってしまっている父と、まもなくそこに行く母の小言だ。

何を小癪な…と言われるのだろうが、私の意地で母の日には、杖を買ってゆこうと思っている。

何と礼を言ってくれるかは想定していない。その一言に
「まあ、僕への形見が欲しかったのよ」
とでも応じようか、と考えている。

子ども日は、「おとなの日」でもある、と5日の読売新聞(編集手帳)は書いている。
母は私の母であり、私はいつまでも母の「子ども」である。

「オマエは船乗りになりたいというのが口癖だったな」と昔を回顧するのが口癖の母に、
「泳げなかったのでいとも簡単に諦めたが、空が飛べない人だってパイロットになるんだから、諦めることも無かったのになあ」
と返事をする。

近頃の私の口癖は
「私は鳥だから空を飛べるんよ」
である。それを聞いた家族が
「猫やから魚が好きなん」
の間違いでしょ。。。

「いいえ、私は鳥です。ほら・・・」
と言って、部屋の中を羽ばたいてみせる。
「ニワトリは飛べません」
と反撃を食らう。

その娘も京都に帰ってしまったので、おとなどうしで仲良くしました。
だから「おとなの日」だったのだろうか。
前年同月と比べても、精神年齢には余り変化が無い。

« 連休余話 | トップページ | 第15話【花も嵐も】 利賀村への道<奥美濃> »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876320

この記事へのトラックバック一覧です: 前年・同月、、、 (子どもの日篇):

« 連休余話 | トップページ | 第15話【花も嵐も】 利賀村への道<奥美濃> »