フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« ツバメの観測 | トップページ | 漂う »

2006年4月 3日 (月曜日)

歯ブラシが行ってしまえど朝は来る

久しぶりに京都の夜を過ごしてきました。

 

土曜の夜の嵐電(京福電鉄嵐山線)は、観光マップを片手にした人々で混雑していました。四条大宮で降りて少し歩いて、牛楽亭という名前のお店へ行きました。

 

私は入学式をサボって家でPCのセッティングをして過ごしていたが、入学式を終えて買い物などを済ませてきた娘と落ち合いました。

 

お母さんも実は女子大(じょしだい)だったんだけど、まるで自分が再び新入生となるかのようにはしゃいでいる。嬉しいのが半分。寂しいのが半分というところだろうか。

 

娘よ。知らない間にたくさん食べるようになったな。
そう思った。

 

そして、母よ。
ウォーミングアップはもういいんじゃないかい。

 

朝は来ます。

« ツバメの観測 | トップページ | 漂う »

十七音 のおと」カテゴリの記事

瞬く・初版」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯ブラシが行ってしまえど朝は来る:

« ツバメの観測 | トップページ | 漂う »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト