« 第3話【花も嵐も】 酸ヶ湯のかわいこちゃん<青森県> | トップページ | 第5話【花も嵐も】 素敵な駐在さん<下北半島> »

2006年4月20日 (木曜日)

第4話【花も嵐も】 ただ佇む、三内丸山遺跡<青森県>

1996年の東北ツーリングでは13日間をかけて東北を走り回って19箇所の温泉に入ってきました。私にとっては思い出深い場所であり不動の記録です。その旅の動機は「三内丸山遺跡」を見てみたいからでした。

縄文時代、まだ1歳ほどの子どもを亡くしてしまったら、村のはずれの墓には埋葬しなかった。自分たちが毎日暮らす台所の片隅に、その子を壺に入れて埋葬したのだ。そんな発掘の報告記事を読んだことで、私は、その遺跡を見てみたいとそう思ったのです。人の心に触れることができるような気がしました。

ツーリングに飛び出すには、瞬間的なパワーが必要です。しかしそれだけではなく、北の果てまで諦めずに走り続けるだけのエネルギーを保持させてくれる何かも必要です。この三内丸山遺跡は私を釘付けにして、エネルギーをくれました。公開直後には復元された大きな櫓はなく、ただの野っ原に発掘箇所が点在していただけだったのだが、あまりにもその素朴な生活ぶりに感動しました。その夜も感動が冷めず予定を変更して二日目も行った。

旅は気まぐれ。明日の予定は自分で決めるたびだからこそ出来たのだろう。

決してソロツーリングというスタイルを皆さんに押しつけるつもりはないけれど、こういう所に佇んでひとりでのんびりと考えに沈んでみるのもツーリングの醍醐味ではないだろうか。

車に乗ればカーステレオやラジオの音楽が、電車に乗れば周囲の人の会話が否応なしに飛び込んで来る。

それがバイクであれば、自分だけとの会話が一日中続く。何と贅沢なことでしょうか。

« 第3話【花も嵐も】 酸ヶ湯のかわいこちゃん<青森県> | トップページ | 第5話【花も嵐も】 素敵な駐在さん<下北半島> »

【花も嵐もI】 GSX篇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47713960

この記事へのトラックバック一覧です: 第4話【花も嵐も】 ただ佇む、三内丸山遺跡<青森県>:

« 第3話【花も嵐も】 酸ヶ湯のかわいこちゃん<青森県> | トップページ | 第5話【花も嵐も】 素敵な駐在さん<下北半島> »

M's Zoom

  • ゆうちゃん
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ