2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 水ぬるむ春分に ─ 塵埃秘帖 春分篇 | トップページ | ツバメの観測 »

2006年3月23日 (木曜日)

なあ、父よ

よめはんが泣いてばかりいる。
子どもが京都に行ってしまうから寂しいのだ。

♪♪迷子の迷子の子猫ちゃんあなたのおうちはどこですか
おうちを聞いてもわからない名前を聞いてもわからない
にゃんにゃんにゃにゃん泣いてばかりいる子猫ちゃん  ♪♪

覚悟をしていたといえばそれまでだが、いざいなくなると、ひとりの部屋を静けさが襲うのだろう。
新聞をテーブルに置いても、ときに手が滑って皿を落として割ってしまったとしても、その反響音は部屋に響くことなく、大地で手のひらを打ったように時間に吸い込まれてゆくことだろう。

三十年前に私は家を出て東京にゆくと言い出した。東京のある大学にどうしても行く必要があるのだと私は父と母に言った。二人は、何もそれ以上を尋ねることはなかった。

母は、用事を見つけては荷物を送ってくれた。食い物や着物を箱に詰めて、都会でも簡単に手に入るものさえ詰めてくれてあった。そして、父からは、いつも、鉛筆書きの手紙が一枚あっただけだった。

「お金のことは心配しなくていい、しっかり勉強しなさい」
と書いてあった。

私の母は、私が荷物ひとつだけもって、東京へと出かけていった日に泣いたのだろうか。
そんなことは、今やどうだっていいことかもしれない。
私がそのことを今ごろになって気にかけていることが、おかしい。

犬のおまわりさんはさぞかし困ったことだろう。
私の父もあの晩、泣いたのだろうか。

新しい天地に踏み出す歓び。そんな感慨は簡単には得られない。
「その心を一生大事にしなさい」、と私は思う。父は、そう何度も頷きながら泣いたのだろうか。

なあ、父よ。

« 水ぬるむ春分に ─ 塵埃秘帖 春分篇 | トップページ | ツバメの観測 »

【銀マド・名作選】」カテゴリの記事

【雷山無言】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/45706731

この記事へのトラックバック一覧です: なあ、父よ:

« 水ぬるむ春分に ─ 塵埃秘帖 春分篇 | トップページ | ツバメの観測 »