« KLE始動! 春の海はいいねぇ | トップページ | いきいきと三月生る雲の奧  飯田龍太 »

2006年3月19日 (日曜日)

春に想う  ─ 塵埃秘帖 彼岸篇

▼ ちかごろ、仲間由紀恵さんに筒美京平さんが曲を書いたそうですね。
筒美京平の大ファンとしては、気になるのですが、ステレオの前にじっくり座ることが少なくなったのを、ちょっと嘆く。

▼ お彼岸ですね。どこかにも書いたけど、うちのんの母の命日が14日でした。その日は私の退院の日でもありました。29年前の、卒業式の前日に逝ってしまった母を思うと、娘があのときの年齢にちょうど達したこともあって、想いは限りなし。

▼ お彼岸ですね、その2。あした、京都の実家へお墓参りに行ってきます。もう8年も過ぎるんだなあ、父よ。あなたの誕生日は3月20日でしたね。18歳で家を出てしまった僕だから、ほとんど一緒に暮らさなかったのに、どうしてこんなに似てるんだろうか。枕元にあった日記に、あれこれと書いていたのを見つけたことがあった。今の私の日記みたいだった。それを今になって思い出しています。私が形見だ。

▼ 義母の命日が終わると、今度は私たち夫婦のお祝い。16日の日記に少し触れましたが、この日は結婚記念日でした。みなさんの日記を拝読しているときに、夫が (または妻が) 家族の誕生日や結婚記念日などを忘れている…と書いてらっしゃることがありますね。結構不思議です。我が家では、22年間で、誕生日と結婚記念日、命日を忘れていたことは、誰にも、一度もなかった。

▼ よめはんは結婚前は暗い子だったらしい。数年後に女子大の同窓生で集まったときに「結婚して明るくなった」と言われたらしい。これは、私が、明るくて、エロくて、デブで、大声で、グウタラで、酒飲みで、頭に毛がないのに髭を生やしてて、70年代の歌謡曲を熱く語れるなどに起因するのか。

▼ 鼻血事件のそのあとで。退院してきて、ちょっとそのときの様子をmixiなどに書いたら、なんだか白い視線が飛んできているようで、気にかかります。このまま私は深海に沈んでしまうのではないだろうか。

▼ メルマガ、20日発行します。

« KLE始動! 春の海はいいねぇ | トップページ | いきいきと三月生る雲の奧  飯田龍太 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876324

この記事へのトラックバック一覧です: 春に想う  ─ 塵埃秘帖 彼岸篇:

« KLE始動! 春の海はいいねぇ | トップページ | いきいきと三月生る雲の奧  飯田龍太 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ