2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 桃の節句に考える | トップページ | 春に想う  ─ 塵埃秘帖 彼岸篇 »

2006年3月 4日 (土曜日)

KLE始動! 春の海はいいねぇ

KLEは、ういういといいながらもエンジンがかかった。
冬の間、ウズウズしてたので、迷いもなく出かけることにしました。

目指すは志摩半島。
御座の手前にでっかい橋(パールブリッジ)ができてるのをまだ見てないので行ってみることにした。

パールロードを軽く流して、国府の浜にも寄ります。

冬の海。サーファーは居ない。
数キロ続く白浜の端っこでぼーーーーーーーっと海を眺めていると、おばちゃんがワカメを両手に下げて歩いていきます。
この香り。海でしか味わえない。ワカメの匂いだ。
潮の匂いだと喜んで飛び跳ねていました。(実際にはニヒルを装っていた)

大阪湾には砂浜は0%。つまりコンクリートの護岸工事が100%完成済みだそうです。
大阪人よ、それでいいの?と言いたいが。

海はええなあ。
孤独を愉しン出見たりしながら、御座岬を目指した。

御座への道。予想以上に立派な橋がかかっています。

春の海は綺麗です。
沖には無数の漁船、タンカー。もっとでっかい船もいる。何か有名な船でも入港するのだろうか。それとも太平洋をのんびりと行くのかな。

高台から眺めおろせば、太陽の傾斜角がまだまだ低いので、針をちりばめたようなさざなみがキラキラと光る。水平線まで光の帯が絡むように広がってゆく。

波うち際まで駆け寄れば透明感が全然違う。
砂にピチャピチャと音をたてて頬を擽るようなか細さと、大海原を荒れることもある海の、いったいどこに同じ姿を想像できようか。

きょうは、雲ひとつない青空です。
湾の向こう、渥美半島も神島も他の島々もみんなくっきり見えました。

KLEも快調です。

そうそう、お正月明けにユニクロで7千円が6千円になっていたジャケットを買ったので(それはあくる週には5千円になってましたが)、本格的に着用したのはきょうが初めてでした。暖かかったわ。でも、手袋は夏向けのオフ用ですが。

« 桃の節句に考える | トップページ | 春に想う  ─ 塵埃秘帖 彼岸篇 »

バイクと旅と昔話」カテゴリの記事