フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 無言のゆびきり | トップページ | 地球温暖化防止の話 »

2005年12月17日 (土曜日)

月影や凍えて長し夜明け前

月影を追うてもなかなか言葉にならず、考える日が続いていました。

◆ 月影や凍えて長し夜明け前

そんな早朝を二日も迎えて、日本列島はぶるっと震えていますね。

幾千年も昔のエジプト人たちはこの月を見上げて、あるいは太陽を崇めて、数センチと狂わないピラミッドを設計し、うるう年を知っていた。
1年の365日を12で割って1ヶ月を30日とし、残りの5日を余分な日とし感謝する心を持ったという。

30日というのは月が満ち欠けする周期です。
本能的に人はこのような神秘に引き寄せられていたのでしょう。

それにしても、真冬の月は、高くまで上りますね。殆ど90度です。
その月が、朝になったら落ちてくる。

夜明け前、薄墨をひいたような陰が窓越しに忍び込む。
今年一番の寒さに、影までもが凍てついているようでした。

---

きょう、髪を切りました。
寒気団がやってきている。
明日の予報は雪マーク。
でも、御在所岳が予報ほど冷え込んでいないのだ。
データを見る限りでは積雪は無いと予想するのだが…

明日は出勤当番。
そんな人の悩みを知ってか知らずか
南西の空に、低く、しかも夕方だけ金星が顔を出してます。
コレも明るい。神秘的です。

« 無言のゆびきり | トップページ | 地球温暖化防止の話 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月影や凍えて長し夜明け前:

« 無言のゆびきり | トップページ | 地球温暖化防止の話 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト