M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 続・地球温暖化防止の話 | トップページ | 年の初めに考える─痛み(2)─ »

2005年12月29日 (木曜日)

ぼたん雪キラキラ輝く片思い

アイツは僕の心なんか、これっぽっちもわかってやしない。

夕方から降り出した雪を窓越しに眺めながら食事をして他愛ない話をして別れの時刻を迎えたんだ。

雪はすっかりぼたん雪になって、積もる気配もそれほどなかった。
楽しい時間をありがとう。二人は月並みなさようならを言い合って別れたんだ。

あくる朝は思いもかけない積雪だった。電車に飛び乗って、ああ、昨日の夜のうちに「今夜はありがとう」ってメールを入れなかったことを悔やんだ。好きなくせに意地を張ってしまったんだ。

電車が幾つも市街を通り過ぎる。アイツの家もこの白い雪に埋もれた、小さな白い屋根の家なんだろうな。

おい、もう一度、飯を食いに行こうぜ。
なんて…言えないな。

« 続・地球温暖化防止の話 | トップページ | 年の初めに考える─痛み(2)─ »

十七音 のおと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876139

この記事へのトラックバック一覧です: ぼたん雪キラキラ輝く片思い:

« 続・地球温暖化防止の話 | トップページ | 年の初めに考える─痛み(2)─ »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31