2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 彼岸花咲いたと父に手紙書き | トップページ | 秋は、夕暮 »

2005年9月18日 (日曜日)

明かりなき奥座敷まで照らす満月

さて、月を眺めて何を飲もうか

-----

8月19日に満月をみてこう書いた

まだ夏の暑さが強かったころだ。
果たしてほんとうに秋は来るのだろうか、とさえ思いたくなったものだ。

明かりに貴重な油を使っていた昔は、この明かるさに感謝をして火を消し、これを堪能したことであろうと想像すると、現代人は何とも情けなく驕りに満ちた暮らしをしていることか。

明かりなき奥座敷まで照らす満月  ねこ作

雑文

« 彼岸花咲いたと父に手紙書き | トップページ | 秋は、夕暮 »

【銀マド・名作選】」カテゴリの記事

【雷山無言】」カテゴリの記事

十七音 のおと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876146

この記事へのトラックバック一覧です: 明かりなき奥座敷まで照らす満月:

« 彼岸花咲いたと父に手紙書き | トップページ | 秋は、夕暮 »