2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 続・ブレーキパッド | トップページ | 西瓜切る母の手をただ見つめている »

2005年8月10日 (水曜日)

夕焼けが木魚に合わせて暮れてゆく

真っ赤な太陽が沈んでゆく。
きょう1日の戦いを称えるような鮮やかな赤い夕日が空をおおっている。
散歩の足をふと止めると遠くから木魚を叩く音が聞こえてくるのだ。

立秋が過ぎ名ばかりの秋になったのだが、盆棚を祭り、じめじめとした蒸し暑さのなかにも、暦の上で秋を迎えた心の余裕を少なからず感じる。

木魚は淡々と時を刻むように響く。コツコツと叩く音にあわせて太陽が沈み、夕焼けの赤みは紫に変わり、西の空から東の空へと移ってゆく。

___________________

【コチラはミクシー俳句部へのメッセージから】

« 続・ブレーキパッド | トップページ | 西瓜切る母の手をただ見つめている »

十七音 のおと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876151

この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けが木魚に合わせて暮れてゆく:

« 続・ブレーキパッド | トップページ | 西瓜切る母の手をただ見つめている »