フォトギャラリー(令和2)

  • たらフライとコロッケ(29日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 沙羅双樹おもいおもわれ裏に咲き | トップページ | たなばたや浴衣のすそのその奥へ »

2005年6月26日 (日曜日)

銀マド>黄色い麦わら帽子

銀のマドラー〔回想篇〕

 

╋ ╋ ╋ ╋ ╋ 

 

あれは いつのことだったのか
小麦色の肌の
クラスメイトの女の子と
バスの乗り場で手を振って別れた

 

夏休みが終わるころ
教室の席がとなりの彼女に
電話を入れた
遊びに行っていいかい?

 

電車とバスを乗り継いで
灯台のある
小さな漁村に私は着いた
バスの停留所で迎えた彼女は
黄色い麦わら帽子だった

 

強烈な印象
16才の夏

 

バス停から灯台まで歩いた
真っ青な海と水平線を見おろした
町の一点を指さし
--- 青い屋根が見えるでしょあれが私の家よ
と教えてくれた

 

真夏の日差しを気にせずに
小さな漁村の狭い路地を
歩き回った帰りに
バス停まで見送ってくれた

 

それから数年して
彼女に手紙を書いた
名古屋の或る銀行に
彼女は勤めているという
涙が出るほど嬉しかったです
と書いた返事をくれた

 

東京の下宿に戻る時に
駅で待ち合わせた

 

でも 彼女は来なかった

 

 

----------------
別れの風景>夏の終り(黄色い麦わら帽子)
99/09/15 22:04

« 沙羅双樹おもいおもわれ裏に咲き | トップページ | たなばたや浴衣のすそのその奥へ »

【深夜の自画像】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀マド>黄色い麦わら帽子:

« 沙羅双樹おもいおもわれ裏に咲き | トップページ | たなばたや浴衣のすそのその奥へ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト